• MV_1120x330

ニューヨークのハロウィンが日本と違うところ5選

さめこ さめこ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:halloween-nyc

こんにちは! ニューヨーク在住ライター、さめこです。

先日は初めてニューヨークのハロウィンを体験しました。日本に住んでいた時は、大学も会社もハロウィンのメッカ渋谷にあったので、毎年日本人のカオスぶりを見てきました。が、本場ニューヨークはもっと凄かった! また、一味違うカオスさだったので、今回は日本との違いをご紹介したいと思います。

【ココが違う! その①】コスプレショップが多すぎる

例えば東京でコスプレを買う場合、だいたいネットかドンキかだと思いますが、ニューヨークはハロウィンが近づくと「あれ? こんなにコスプレショップあったっけ?」と思うほど、色んな所でコスプレ専門ショップを見掛けます。それもそのはず、ドラックストアなど全然関係ないショップが、期間限定でコスプレ専門ショップに変わるのです。街全体からハロウィンへの気合いが伝わってきます。


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/0a118562b7a4c128f36005b79cabf0d8.png
    普段はコスメショップ。ハロウィンの時期だけ、コスプレショップに

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/3b58c96d7edfc55ab57cfd6bc0e17e9c.png
    コスプレ商品の裏にシャンプーなど通常販売している商品が見える(笑)

▲ここは通常コスメショップなのだけれど、ハロウィン数日前からコスプレ専門ショップになります。よく見るとコスプレ商品の後ろにシャンプーなどの通常商品が隠れています。

【ココが違う! その②】200万人参加のパレードがある

https://www.halloween-nyc.com/slideshow/thriller_good_smokin_for_slide.jpg
出典:halloween-nyc

日本のハロウィンコスプレ祭りが始まったのはここ数年だと思うのですが、ニューヨークには42年の歴史あるハロウィンパレードがあります。

しかもこのパレード、コスプレをすれば誰でも参加できるのですが、なんと参加者200万人! この200万人という数字、あまりにも多すぎてピンときませんよね。調べてみたところ、交通機関が麻痺すると恐れられているあの隅田川花火大会の動員者数が95万人なので、2倍以上! しかもパレードを見学する人も含めると400万人らしいので、約4.5倍!! どんだけ!? それだけの人がごった返すので、私もパレードに参加する為に並んだのですが、1時間待ってやっと参加することができました(汗)。

【ココが違う! その③】日本のコスプレは可愛い、ニューヨークは怖い。そして露出度高っ!

https://media.timeout.com/images/resizeBestFit/101216379/660/370/image.jpg
出典:Time Out NewYork

様々な人種が集まるニューヨークでも、日本と同じように色んなジャンルのコスプレを見掛けましたが、いくつか違う所も。まずはコスプレがリアルに怖いこと。日本はどちらかというと「可愛い」とか「面白い」なコスプレが多い気がしますが、ニューヨークは服は可愛いかったり面白かったとしても顔がゾンビなど、とにかくフェイスペインティングが激しい。

あとパレードはもちろん野外なので、10/31の夜はさすがに寒い。だけれど体感温度の違いか、セクシーを目指すカルチャーだからか、露出している男女が多々。冬物のコートを着込んでいる私達の隣にいた、半裸のピーターパン(もちろん顔はゾンビメイク)を見た時は、とにかく驚きました。

【ココが違う! その④】えっ!? おばあちゃんもコスプレするの? 結構なアダルトも参加する

https://media.timeout.com/images/101780341/710/399/image.jpg
出典:Time Out NewYork

日本のハロウィンって、子供や若者がコスプレをして渋谷や六本木などを徘徊するイメージがあるのですが、ニューヨークは違います。

昼間は子供がコスプレをしてお菓子をもらう平和なイベントですが、夜は大人の時間。若者から、おじさんおばさん、更にはおじいちゃんやおばあちゃんまで参加しているのです。ハロウィン当日の昼間の地下鉄で、ゾンビメイクをしているおばあちゃんを見た時は衝撃でした。結構アダルトも楽しむイベントなのです。

【ココが違う! その⑤】オバマ大統領を排出したエリート大学も、クラブを貸し切ってパーティ

コロンビア大学のロースクールに通うお友達がいます。コロンビア大学といえば、オバマ大統領を排出した超絶エリート大学です。そのエリート大学がクラブを貸し切ってハロウィンパーティを主催するというのです。しかも費用は全て大学持ちなので、参加費はタダ!

私もゲストとして呼んでもらい、コスプレして参加してきました。

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/c4557270c07d77602f523b4ead01dedf.png
  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/1eb1a5ff698f6d5719ba494c0f882dff.png

コロンビア大学は世界中から様々な国のエリート達が集まってきているのですが、お相撲さんに、ベイマックスに、マーメイドに、最近話題のドナルド・トランプまで…みなさん実にバラエティに富んだコスプレをしていました。ちなみに私はフェイスペイントもせず赤い魔女の格好をしたので、普通過ぎたなぁと反省(笑)。次回参加する時は、もっと気合いを入れて参戦しようと思いました。

入学するのも大変だけれど、卒業するのはもっと大変なコロンビア大学。宿題も鬼のように出るらしく、遊びにいく時間もなかなかないと友人から聞いていたけれど、世界のエリートは勉強も遊びも全力なのだと思いました。

まとめ

以上、ニューヨークと日本のハロウィンの違いをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。初めて参加してみて、ニューヨークのハロウィンは歴史ある伝統的な行事でありつつ、あらゆる年代の人達が本気で楽しむ定番エンターテイメントなのだと思いました。

もし今後ハロウィンの季節にニューヨークに行かれる方は、是非気合いの入ったコスプレでパレードをはじめ様々なイベントに参加してみてはいかがでしょうか。きっと忘れられない思い出の一ページになるはず。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP