• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

歴代日本テレビドラマおすすめランキングTOP30

街クリ編集部 街クリ編集部


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Amazon

バラエティ、映画、ニュースなど毎日色んなコンテンツが流れ続けるテレビ。その中でもついハマって見てしまうのがドラマ。ドラマを放映しているテレビ局にもTBS、フジテレビ、NHKなどがありますが、今回は日テレの歴代人気ドラマをランキング形式でご紹介します。

日テレといえば現在視聴率三冠王を更新し続けるなど、今とても勢いがあるテレビ局です。ドラマにも、「ごくせん」や「家なき子」、「金田一少年の事件簿」など90年代~2010年代まで時代を彩った名作がたくさんあります。今回はそんな日テレの歴代ドラマランキングを編集部が厳選してご紹介致します。さてどんなランキングになるでしょうか? 早速発表していきます!

第30位 東京タラレバ娘。

東村アキコさん原作の漫画「東京タラレバ娘。」をドラマ化した作品。独身アラサーOL3人組が主人公。それぞれ、吉高由理子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんが演じました。3人は「2020年の東京オリンピックを一人で迎えたくない!」と叫びますが、「結婚がしたい」というだけで特になにも行動はしません。

3人は「結婚したいと言うが、『この彼氏がこうだったら・・・』とか『あの時の彼氏がこうであれば・・・』などタラレバ話を女子会でするだけで具体的に何もしていない」と居酒屋にたまたまいたある男にこっぴどく批判されます。そこから3人は結婚に向け動き出す・・・というストーリー。アラサー独身女子には耳が痛いセリフのオンパレードなドラマです。自分に渇をいれたい方はぜひご覧ください。

放送:2017年1月18日 – 3月22日(10回)
出演:吉高由里子、榮倉奈々、大島優子
原作:東村アキコ
脚本:松田裕子
演出:南雲聖一、鈴木勇馬、小室直子
プロデューサー:加藤正俊、鈴間広枝、鈴木香織
主題歌:Perfume『TOKYO GIRL』

第29位 貧乏男子 ボンビーメン

いまや超人気俳優の小栗旬さん、連続ドラマ初主演の作品になります。超お人よしの主人公・小山一美は、その性格のせいで友人のために借金をしまくります。その借金を、同じ借金をしている仲間たちと一緒に頑張って返済していくストーリー。

こちらのドラマは、オープニング前に歴史上の人物や映画の名言が用いられることが特徴。宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」や映画『ロッキー』の名言などがセリフとして用いられました。一美が一生懸命お金を返す姿に「お金とは何か」「お金よりは何か」を考えさせられるドラマとなっています。そしてこのドラマで注目すべきは現在プライベートで夫婦となった小栗旬さんと山田優さんが共演しているという点。ここでの共演が結婚のきっかけになったんだとか・・・。このドラマから数年後の二人の姿を思い浮かべながら見ると別の楽しみ方ができるはずです。

放送:2008年1月15日-3月11日(全9話)
出演:小栗旬、八嶋智人、山田優
脚本:山岡真介、山浦雅大
演出:猪股隆一、吉野洋、茂山佳則
プロデューサー:櫨山裕子、桑原丈弥、中沢晋
主題歌:BENNIE K 『モノクローム』

第28位 ギャルサー

藤木直人さん主演のドラマ。ギャルサーとは、ギャルがたむろするサークルのこと。主人公はアメリカ帰りのカウボーイ・進之助(藤木直人)。進之助は街の秩序を乱す、と煙たがられる存在のギャルサー「エンゼルハート」と出会います。そしてギャルサーと交流する中で進之助がギャルサー内のトラブルを解決していく、というストーリー。

こちらのドラマの注目ポイントはとにかく笑えること。まず主人公の進之助は、アメリカ帰りでほとんど日本語が話せず、基本はカタコトでストーリーは進んでいきます。コミカルな演技に思わず笑ってしまいます。その他、脇を固める俳優陣も古田新太さん、佐藤隆太さん、高田順次さん、温水洋一さんなど超個性派。そして次に、ギャルサーメンバーが可愛すぎるというところも注目です。いまや人気女優の新垣結衣さんや戸田恵理香さんのギャル姿は超可愛いので必見です。

放送:2006年4月15日 – 2006年6月24日(全11回)
出演:藤木直人、戸田恵梨香、鈴木えみ、新垣結衣
脚本:藤本有紀、大野敏哉、武田有起
演出:岩本仁志、佐久間紀佳、南雲聖一
プロデューサー:千葉行利
主題歌:藤木直人『HEY! FRIENDS』

第27位 ナースマン

現在、増えつつある男性看護師。このドラマはそんな男性看護師にスポットを当てた作品になっています。主演はTOKIO松岡昌宏さん。主人公はドジな性格で職場で様々なミスをしてしまうのですが、先輩看護師や、患者との関わり合いの中で成長していく物語になっています。

極楽とんぼ・山本圭壱さんや、松嶋尚美さんなどのお笑い芸人が多くキャスティングされており、コメディタッチで描かれています。ドラマはヒットし、「ナースマンがゆく」として続編も放送されました。

放送:2002年1月19日~3月23日(10回)
出演:松岡昌宏(TOKIO)、安倍なつみ、山本圭壱
脚本:寺田敏雄
演出:岩本仁志、大谷太郎ほか
プロデューサー:河野英裕、加藤正俊、小泉守
主題歌:TOKIO『花唄』

第26位 透明人間

元SMAPの香取慎吾さん初主演ドラマ。香取さんが透明人間となり、様々な悪事を暴いていくというストーリーです。9話くらいまではコミカルな雰囲気で進んでいきますが、それ以降今までの雰囲気から急変してシリアスな展開になっていきます。このギャップが人気の一因となっていたようです。

また透明人間ということをいい事に全裸で街を出歩く、など香取さんの体当たりの演技も必見です。こちらの番組ですが、同時期にフジテレビではキムタクさん主演の「ロングバケーション」が放送されていることで、同じグループのメンバーとしてどちらが視聴率が取れるか、について注目されました。どちらも好評で、「透明人間」は放送が1回分延長されることとなりました。

放送:1996年4月13日 – 7月6日(13回)
出演:香取慎吾、深津絵里、黒木瞳
脚本:伴一彦
演出:吉野洋、猪股隆一、古賀倫明
プロデューサー:佐藤敦
主題歌:サザンオールスターズ『愛の言霊 〜Spiritual Message〜』

第25位 曲げられない女

菅野美穂さん主演の水曜日ドラマ「曲げられない女」。弁護士になる夢を諦められない主人公・早紀は周りからのアドバイスに耳を傾けず9年連続司法試験を受け続けます。そんな時に高校時代の同級生から男性を紹介され、プロポーズされます。それをきっかけに「結婚はせず弁護士を目指す」という人生に迷いが生まれます。

そんな最中、その男性との間に子供を妊娠していることがわかります。司法試験と出産どちらをとるか迷いますが、早紀はどちらも選ぶという選択をします。その後の彼女の運命やいかに・・・というストーリー。不器用ながらも一つ一つの選択を自分の気持ちに嘘をつかずに選び続ける早紀の姿に勇気が貰えるドラマとなっています。

放送:2010年1月13日 – 3月17日(10回)
出演:菅野美穂、谷原章介、塚本高史
脚本:遊川和彦
演出:南雲聖一、吉野洋、木内健人(5年D組)
プロデューサー:大平太、山本由緒、太田雅晴
主題歌:aiko『戻れない明日』

第24位 フードファイト

主人公は孤児院で育ち、現在は一流食品メーカーで清掃員をする井原満。しかし満は夜に食品メーカービルの地下で行われる大食い賭博ゲーム「フードファイト」のファイターとしての顔も持っているのでした。そんな井原満のフードファイターとしての歩みを描いた作品です。

主人公・井原満は元SMAPの草彅剛さんが演じました。草彅剛さんの細い体で大食い・・・と想像できないかもしれませんが、ドラマ中での食いっぷりは見事なもの。平均視聴率は17%と好評だったため、その後2回ほどSP版も制作されました。思わずおなかが空いてしまう食いっぷりですが、食べすぎには注意してくださいね。

放送:2000年7月1日 – 9月16日(11回)
出演:草彅剛、深田恭子、筧利夫
脚本:山崎淳也、大良美波子
演出:佐藤東弥、細野英延、猪股隆一
プロデューサー:西憲彦
主題歌:SMAP『らいおんハート』

第23位 14才の母

未成年の妊娠と出産をテーマにしたセンセーショナルな作品。当時「14才で妊娠した女性がテーマ」ということで非常に話題となりました。物語は、14才の未希に妊娠が発覚することから始まります。運命の人だと思っていた恋人は妊娠という事実から逃げようとし、妊娠の事実により家族とも不仲になっていき、未希は絶望的な状況に打ちひしがれます。そんな未希の出産までの紆余曲折を描いたストーリーです。

14才で子どもを妊娠。自分だったらどうしよう? 自分の子どもがそういうことになったらどうしよう? と思わず考えずにはいられません。重いテーマをしっかり描ききったということで「平成19年日本民間放送連盟賞(最優秀)」を受賞するなど各方面から評価の高い作品となっています。皆さんもこのドラマを観て、生きることについて考えてみませんか?

放送:2006年10月11日 – 12月20日(11回)
出演:志田未来、田中美佐子、生瀬勝久
脚本:井上由美子
演出:佐藤東弥、佐久間紀佳
プロデューサー:村瀬健、浅井千瑞
主題歌:Mr.Children『しるし』

第22位 きょうは会社休みます。

主人公は30歳・超奥手女子の花笑。花笑はひょんなことから初めての恋愛をすることになります。そこで巻き起こる恋愛中特有の浮き沈みやハッピーさや切なさなどがコミカルに描かれた作品となっています。原作は、藤村真理さんによる漫画。漫画とは違い職場でのシーンや家族とのシーンが色濃く描かれたことで、より30歳まで彼氏なしのこじらせ女子の生態がリアルに表現されています。

主演は綾瀬はるかさん。のんびりした雰囲気の綾瀬さんは奥手な主人公にぴったり。その他、初恋相手を福士蒼太さん、花笑を気にかける同じビルで働く男性を玉木宏さんが演じるなどイケメンが楽しめることで女性から絶大な支持がえられた作品となっています。恋に奥手な女性はとても共感して楽しめる作品となっていますのでぜひご覧ください!

放送:2014年10月15日 – 12月17日(10回)
出演:綾瀬はるか、福士蒼汰、玉木宏
脚本:金子茂樹
演出:中島悟、狩山俊輔
プロデューサー:神蔵克(チーフプロデューサー)、櫨山裕子、秋元孝之
主題歌:槇原敬之『Fall』

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP