【38万回再生!】Tronの世界観での中トロの活躍が必見!!SUBARU「MINICAR GO ROUND」

小野里夏 小野里夏


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街クリ編集長で、BASEのクリエイティブディレクターでもある西島知宏がCD、企画、コピーライターとして携わったSUBARU EyeSightのバイラルムービー「MINICAR GO ROUND」が、Youtube公開後わずか2週間で38万回以上再生されています。

Youtube上では

「すげーかっこいい」
「相変わらず味わいのあるCMをつくる」
「アイデア、BGMも良いし最後のじこも笑った」

と賞賛のコメントが寄せられており、西島も半笑いで取材を受けてくれました。

制作秘話などを聞いてみたいと思います。

【以下、インタビュー】

Q1. まずは案件の概要について教えて下さい

西島:
スバルの運転支援システムEyeSightのバイラルムービーです。クライアントのご担当者がオリエンで仰ったのは「この世界から事故をなくしたい、というスバルのEyeSightに込めた想いを伝えたい」というものでした。スバルはもともとは航空機メーカーとしての源流を持っていて安全に対しての想い、プライドは人一倍強い。その想いの延長線上に運転支援システムEyeSightがあるわけなので、EyeSightの機能も訴求しつつ、未来に向けたスバルの想いもうまく表現したいと思いました。

Q2. この企画に決まった経緯を教えて下さい

西島:
まず「この世界から事故をなくしたい」という想いを伝えるために事故がなくなった未来を描こうと思いました。しかも、いつか来る現実ということにしたかったのでCGなどは使わず実写で。なぜ回転寿司なのかは「ぶつからない」「はみ出さない」というEyeSight ver.3の機能が回転寿司に似ているからです。

Q3. この世界観を作る上で工夫したことを教えて下さい

西島:
回転寿司の企画に決まってから、テクニカルディレクターとしてこのプロジェクトに参加して頂いたaircodeの橋本さんに色々アイデアを出してもらいまして、回転寿司の回転台を使った微速度撮影、レーザーの反射鏡を使ったインスタレーション、LEDディスプレイをやろうということになりました。最終的には、演出のtakcomさんにうまく盛り込んで頂きました。

Q4. 回転寿司屋が中々見つからなかったとか

西島:
そこが一番苦労しました。企画は決まったものの、厨房の中は見せられないとか、テスト撮影ができないとかで殆どの店に断られてしまい、一時はこの企画無理なんじゃないかという所まで行きました。でも友人の繋がりで運良く回転寿司屋の射抜き物件をご紹介頂けて、助かりました。

Q5. 最後に見所を教えて下さい

西島:
やはり、見所としては違和感満載の近未来的回転寿司屋ですね。尺は短いですが、色んな技術が詰め込まれているので何度も見て頂きたいです。あと、私もどこかに登場しているので目を凝らして探して見て下さい。


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/04/033.jpg

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/04/044.jpg

それではムービーをご覧下さい。

Reference:YouTube

JINSに続いてまたまた真面目な感じの西島編集長。
次回作も乞うご期待です。

Creative Director:西島知宏(BASE)
Copy Writer / Planner:西島知宏(BASE)
Agency Producer:中島壽太郎(ADK)
Exective Producer:石井義樹(kirameki)
Producer:富澤志保(kirameki)
Production Manager:増田悠希(kirameki)
Director:takcom(P.I.C.S)
Director of Photograpy:腰塚光晃
Technical Direction / PRG:aircord

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP