「見つめているすべてが、人生だ。」 JINS 2015年新キャンペーン制作の舞台裏

小野里夏 小野里夏


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日ローンチしたアイウェアブランドJINSの新キャンペーン「見つめているすべてが、人生だ。」これは街クリを運営する弊社、BASEの西島がJINSの「Magnify Life」という新ブランドビジョンをもとに、コアアイデアの策定、クリエイティブディレクション、企画、コピー開発まで関わらせて頂いた案件。

人の人生は見つめているものの集合体でできている、というアイデアが形になるまでをCDである西島知宏と、映像監督のBramのコメントをもとに迫ってみたい。

まずは完成したスペシャルムービーを見て欲しい。思わず「凄い」と叫んでしまった超大作!!

Reference:YouTube

【以下、インタビュー】

Q1. 私が言うのもなんですが、もの凄くいい企画だと思うのですが、このアイデアはどういう風に形になっていったんですか?

西島:
まず、JINSが打ち出した新ブランドビジョン「Magnify Life」。このブランドビジョンをJINSとともに開発したドイツのブランディングファームKMSとともにキャンペーンを構築、展開するということだけが決まっていて、クリエイティブをどうするかは全く白紙の状態から始まりました。

JINSをずっと担当されているナニラニの村瀬さん、二口さんとまずはキャンペーンのコアアイデアを決めようという話になり、私の方からいくつか提案した中で「Life is what you see」というものがあって、それをクライアントのご担当者に凄く気に入って頂けて決定になりました。去年のクリスマスでした(笑)。

Q2. 「Life is what you see」というコアアイデアから「メガネに人生が映る」という企画に決まった経緯を教えて下さい

西島:
コアアイデアのプレゼンをした時にちょっと添えていた文章に以下のものがありました。

「モノの見かた」は、時として「生きかた」に形容されます。つまり、その人が見るものは、その人の人生そのものと言っていい。

この言葉に、幼少期からメガネをかけられているクライアントのご担当者が「自分のメガネ人生を振り返ってしまった」と言って下さって。それを聞いた時に「メガネに人生が映る」一枚画が浮かびました。一人の人間が、人生をかけて見る数えきれないほどのモーメントを紡いで一つのムービーを作り上げればもの凄く強いものができると思い、早速Vコンを作ってプレゼン、即決して頂けました。企画を他に持って行ってなかったので決まらなかったらヤバかったんですけど(笑)

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP