JK用語で「鶴の恩返し」を読んでみた

西島 知宏 西島 知宏


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんがジモメンと割と本気で暮らしていました。

ある日、おじいさんは街でオケった帰り、ヤバタンなぽっちヅルを見つけました。

「ちょ・・ガチ?」

おじいさんはインスタとvineにガンなえした鶴の姿をアップしました。

おばあさんにもLINEを送りましたが既読スルーされました。

「ワラ」

家に帰ると、おじいさんはおばあさんに鶴への神対応について武勇伝を語りました。

すると玄関のコールが鳴る音がしました。

開けると98LineのオシャンティーなJKがサブバを持って立っていました。

「いまよろしかったでしょうか? 漫喫閉まってたから朝までモフらせてくんない?吐きそうす」

「り」

きゃわわなJKにテンアゲしたおじいさんおばあさんはJKとオールすることにしました。

翌朝、ハタ織り部屋から出て来たJKは、リアルにデコった布をおじいさんおばあさんに手渡しました。

「おしゃかわ・・」

エモキュンしたおじいさんは秒でJKの布を売るため街へレリゴーしました。

布は街でくそツボり、おじいさんおばあさんは、ぷちょへんざして喜びました。

布の神売上はついに妖怪ウォッチを超え、“JKヌノ”が流行語大賞を受賞したため、

JKは来る日も来る日もパネェ量の布をデコるハメになりました。

「クソネミ」

そして、ある日JKの塩対応におこぷんしたおじいさんが部屋を覗くと、つらたんな姿の鶴がいました。

「ハナシちがくね? キモス」

そう言い残し、鶴は空へと飛び立って行きました。

おしまい。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP