飛ぶ鳥を落として唐揚げにしているクリエイター訪問(1)「かっぴー」編

街クリ編集部 街クリ編集部


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街クリ編集長西島と編集部員小野が、完全なる勝ち組クリエイティブ企業に伺う「飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問」のスピンオフ企画「飛ぶ鳥を落として唐揚げにしているクリエイター訪問」。2度目があるかはわかりませんが、第1回目は、昨年9月に流星のごとく現れ、ネットに掲載されたWEB漫画『 SNSポリス』で一躍名を馳せた漫画家のかっぴーさんです。

かっぴー(伊藤・大輔)
漫画家
1985年神奈川生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、大手広告会社のアートディレクターとして働く。その後、企画だけがやりたいと面白法人カヤックのプランナーに転職。2015年9月にnoteに掲載した『フェイスブックポリス』で大反響を呼び、その後漫画家として独立し株式会社なつやすみを設立。広告業界をはじめ様々なシーンの「あるある」で共感を呼び、現在は『バズマン。』(週刊SPA!)や『左ききのエレン』(cakes)など多くの漫画を連載している。

小野里夏(以下、小野) 本日は宜しくお願いします!

かっぴー いえいえ、こちらこそ。タイトルいいですね。僕も、何かの漫画で「飛ぶ鳥を落としに落として手羽先屋を開く」みたいなネタ描きました(笑)。

幼少期から現在に至るまで

小野 それではまず、かっぴーさんのルーツをお伺いします。かっぴーさんの小さい頃の夢は何だったんですか?

かっぴー いっちばん最初は漫画家ですね。でも絵を描きたいというか話を見てもらいたくて。とにかく話を作るのが好きだったんですよね。それから映画にハマったりしていくうちに、脚本家とか原作者っていうものがあることを知ったんです。自分がなりたいのってコレだなって思いました。今でもそうですが、画力にもアウトプットにも興味がなかったんです。

小野 その頃好きだった漫画とかってありますか?

かっぴー 『カンニンGOOD』かな。ギャグ漫画で、ただひたすらカンニングをするっていう漫画なんですけど(笑)。ギャグっていうより、ハラハラどきどきな過程が好きで。ちょっと前だと『デスノート』とかもハラハラして大好きです。

小野 その後、高校時代に自分が天才ではないことに気付いたとのことだったんですけど、何か特定の出来事が?

かっぴー 今描いている『左ききのエレン』っていう漫画があるんですが、その漫画に登場する絵の天才エレンのモデルになった人がいたんですよね。その人の絵を見たときに、自分は凡人だなと。自分は絵では芽が出ないと思いましたね。

小野 それからどういう経緯でデザイナーになられたんですか?

かっぴー 高校二年の時にデザイナーになろうって決めたんです。高校は英語に特化している学校だったんですけど、僕は英語ができなくて。じゃあ、自分の尖っているものは何だと思ったときに、自分は美術だなと感じて美大に行こうと決めました。この頃はまだ絵が上手いと勘違いしてました。

小野 「自分は美術だ」と確信した出来事があったんですか?

かっぴー 高校時代にめっちゃ仲が悪い奴がいたんですよ。お互い大嫌いで。でも面白いことに、僕がデザインした文化祭のTシャツを文化祭が終わっても、ずっと着てるんですよね。僕が作ったって分かってるのに。その時に、良いデザインには物事の背景は関係ないんだって思ったんです。

小野 それが、デザイナーを志す最初のきっかけになったんですね。

かっぴー そうですね。当時は広告代理店ってなんですか? 旅行代理店ですか? っていう感じだったんですけど(笑)。

小野 大学時代は何を学ばれてたんですか?

かっぴー 視覚伝達デザイン学科でした。PCはほとんど使わずに、考え方のトレーニングみたいな授業が多かったです。代理店にいるアートディレクターは9割ぐらい僕と同じ様な学科の卒業生だと思います。

小野 かっぴーさん、デッサンとかもバリバリなんですか?

かっぴー デザインの基本ですから受験の時はちゃんと描いてましたよ(笑)。イラストレーションとか油絵、彫刻だとしても、元を辿ればデッサンにたどり着くんですよ。

小野 なるほど。デッサンを踏まえて個性に発展していくんですね。

かっぴー そうです。逆に言えば、受験の場合は作家性が強いのは駄目なんですよ。基本がなってないって思われる。

小野 大学卒業後、広告代理店に進まれたんですよね。

かっぴー そうです。でも6年目とかに辞めました。

小野 広告は天職とは感じなかったんでしょうか。

かっぴー ダメだダメだって言われていたので(笑)。中途半端だったんですよね。能力が足りなかったんだと思います。デザイナーとして採用されたんですけど、デザインはしたくなかったし下手だった。アウトプットに興味がなかったんです。プランナーになりたかったんですけど、当時の会社にはその職種がなくて。最後の方はコピーライターとかCMプランナーの真似事もしてました。コピーとか絵コンテが意外と好評で、「俺って企画職の方が合ってる? そしたらなんで美大に行ったんだ・・・?」ってもう迷走ですよね。そこで、社会人5年目にして自分のやりたい事を一旦整理しようと思ったんです。企画がやりたい。アウトプットは誰かにやって欲しい。プランナーになりたい、と自己分析して転職を決めました。

小野 なるほど。では、なぜ数あるWeb系の会社の中からカヤックを?

かっぴー まず、大企業が合わないなと思ったんです。あと、クリエイティブ・ブティックがいいなと。また、出来るだけ新しいものに挑戦できて、ネットに強いけどネットだけじゃない。そして『誰か1人有名な人の会社じゃない』っていうことですね。それから友達5人くらいに、何も言わずに「俺ってどこの会社にいそう?」って聞いたら、5人中2人がカヤックって言ったんですよ。それで決めましたね。

小野 1年半で独立しようと思ったきっかけは?

かっぴー 池田エライザちゃんにファンって言われたから・・・っていうのは冗談で、連載が増えてきた事が大きかったです。単発の仕事は勘定に入れずに、連載だけで計算して。単発の仕事はラッキーなボーナスだと思ってやってます。

小野 確固たる自信を持てた瞬間とか、「コレだ!」みたいのはあったんですか?

かっぴー ・・・やっぱりエライザちゃんですかね(笑)。

かっぴー流の漫画の描き方

小野 漫画のインスピレーションはどういうところから生まれますか?

かっぴー インスピレーションっていうか全て実体験なんですよ。「こいつ痛いな!」みたいなキャラクターがたくさん登場しますけど、ほとんど自分の事ですからね(笑)。頭の中にSNSポリスとかおしゃ子が居て「あー、これ怒られるな」って思った事をEvernoteに残しておくんです。それを組み合わせて漫画にしています。だから基本、字コンテ。ネームも、まず文字とフレームから。残った時間で絵を描く感じです。


  • 「アンティークのスタンドライト動かないんかい!」by おしゃ子

  • 『SNSポリス』の実際の字コンテ

小野 1話につきどれ位時間って掛かっているんですか?

かっぴー まちまちですけど最短で8時間くらいです。

小野 毎週50ページ書かれてるってブログに書かれていましたけど・・・

かっぴー 全然書いてますね。むしろ少なくて50ページくらいです。泣きそう。

小野 女性目線の作品も多く描いてらっしゃいますが、あれも実体験ですか?

かっぴー そうです。『おしゃ家ソムリエ!おしゃ子!』も僕の実体験が基になってます。ティッシュにケース付けちゃってるのは自分の話だし。女性の友達が多いので、普通に女子会とか参加したりもします。そこで女性のエグいネタも仕入れたり(笑)。

小野 かっぴーさんって、あらゆるジャンルで「あるある」を見出す視点と、それを面白く表現するワーティング開発力が凄いと感じるのですが、ご自身ではいかがですか?

かっぴー 一番最初に描いた『フェイスブックポリス』も“ソーシャルシンデレラ”などのワーディング力で拾ってもらえたと思ってるので、意識はしてます。テキスト芸だと思ってます。絵が下手なのは百も承知です! できることなら絵は誰かにお願いしたいですね(笑)。でも自分で描くのが一番早いから悩ましいです。

小野 コピーライターの真似事をしていた時期が活かされてるのでは?

かっぴー あるかもしれないですね。当時は狂ったように1日1000本以上書いてました。それに比べれば今は楽ですね。なにやってても代理店の時よりはヒマだと思えます(笑)。

小野 企業や個人の実名を出されることも多くありますよね? 「大丈夫かな?」と思う時があるのですが。

かっぴー とにかく具体的にしたいんです。『フェイスブックポリス』の“こういうヤツに限ってサッカーの話題ばっかり”ってネタも自分の経験だけで描いたんですけど、結構当てはまる人がいたんですよ。自分だけの経験だと思っていてもそんなことないんだなと。広告は100人いたら100人分からなきゃいけないじゃないですか。でもソーシャルだったら100人のうち1人でも当てはまれば、死ぬほどウケるんですよ。

小野 かっぴーさんが寄稿している媒体側からは、個人名を出すことについて何か言われないんですか?

かっぴー 幸いなことに僕に依頼してくる企業さんは僕のことをよく知って依頼してくれているので、自由にやらせてもらってます。基本、自分のネタは一切変えません。キャラクターの権利も自分で持ってますし、妥協するくらいであれば個人のページに載せればいいだけなんで。

小野 とはいえ、ブレーキはあるんですか?

かっぴー 肌感でしかないですけど。法務関係のブレーンの方がいるので、やばいかなと思ったらその人に聞いてます。

小野 漫画は1人で描かれてるとのことだったんですけど、企画だけ手伝ってくれるっていう人もいないんですか?

かっぴー 企画だけは誰にもやらせないんです。たまにSNSのメッセージとかで「ネタ見つけました! 使ってください!」っていうのも貰うんですけど、ありがたい反面やり辛くなるなって。言わないで(笑)。SNS上だと誰が先に面白いこと言うかみたいな早いもの勝ちのような世界なので、言おうと思ってたやつを言われると「それ俺が言ったやつやぁぁぁん!!!!」ってなるから使えなくなる。

小野 今後は共作も予定してますか?

かっぴー 作画は他にお願いして、原作だけやるものが1つ決まってますよ。

小野 それじゃあ絵を誰かにお願いする可能性も今後はありますか?

かっぴー 将来的には半々にしたいですね。真面目な内容のものは本格的に漫画本で売りたいですし、原作者として出していきたいです。『左ききのエレン』で、“描く”っていうのを“猫く”ってずっと書いちゃってたんですよ(笑)。それでも「別に読めるし伝わるし、これでいいじゃん」って思っちゃうので、本当にアウトプットには向いてないんですよ。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/05/P1030317.jpg

将来的なビジョンと理想

小野 ベタな質問ですが、かっぴーさんのベスト漫画は何ですか?

かっぴー 『ジョジョ』と『昴』ですかね。荒木飛呂彦先生は本当に神ですよ! 会ったら多分一言も話せない。

小野 もしかして、バトル漫画を描くのが理想ですか?

かっぴー そうですよ! 少年漫画が描きたいです! ネームとか考えてるんですよ。能力バトルの漫画が描きたい!

小野 いけると思います! 

かっぴー そうですかね!!(笑)。描きたいけど。

小野 個人的には、『サンタにプレゼント』がお気に入りです!

かっぴー 嬉しいです。本当はギャグ漫画よりも『左ききのエレン』みたいなものを描いていきたい。画力が完全にギャグなんですけど。

小野 将来のビジョンは、夢だとおっしゃってた映像だったりしますか?

かっぴー 映像はやりたいです。アニメーションでも実写でも、とにかくアウトプットは何でもいいんですけど、話は考えるから誰かにちゃんと作って欲しい。

小野 ビジュアル的なディティールにはこだわらないとのことですが、映像化された時のセリフはどうですか?

かっぴー セリフはこだわりますね。一言一句変えたくないです。この間、とある漫画で関西弁でツッコむシーンがあったんですけど、担当の方に「このキャラクターって関東出身ですよね? 関西弁でツッコむのはおかしくないですか?」って言われたことがあって。すっごい怒っちゃいました(笑)。自分が納得しない修正はしないです。でも意固地にはならずに、言われて納得すれば直しますけど。

小野 では目下の目標は?

かっぴー 七月に単行本になる『 SNSポリス』と『おしゃ家ソムリエ!おしゃ子!』を広めたいです。まだまだ全然知られて無いですから。特にSNSをあまりやってない人なんかには全く。広告代理店からカヤックに移り、独立して思うことは、SNSが全てなわけではないということです。SNSの世界にいると分からなくなってしまうんですよね。現状マスメディア方面には全く知られて無いのを何とかしたいと思ってます。

小野 貴重なお話の数々、ありがとうございました! 最後に1つだけ、巨大なろくろを回してる写真をお願いするのが通例なのですが・・・

かっぴー ろくろは回しません!

小野 小さいのでもいいんで。

かっぴー 嫌です。

小野 ・・・そうですか。わかりました(笑)。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/05/P1030319.jpg
取材中に大きめなとぐろを回すかっぴー氏

編集後記

かっぴーさんのWEB漫画『フェイスブックポリス』を読んでいて、いつも感じるのは「状況」の切り取り方が素晴らしい、ということです。もしかすると万人が目の前にしても見過ごしてしまっている「ある状況」を過不足なく「ひょい」とすくい上げ、新鮮なまま提示する。そこに「驚き」と「共感」の両方を生む漫画の秘訣があるのではないでしょうか。

コピーライター時代を経たからこそのワーディング力も相まって、独自の作家性を見せつけ続けるかっぴーさんの今後を、私もいちファンとして応援していきたいと思います。

完全なる勝ち組クリエイティブ企業に伺った「飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問」はこちらから。
飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問(1)「dof」編
飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問(2)「BIRDMAN」編
飛ぶ鳥を落としてマウンティングしている企業訪問(3)「catch」編

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP