酔っ払いにおすすめのB級グルメ「かしわやの醤油ラーメン」編

加藤広大 加藤広大


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それは、海の家で食ったラーメンの味

泥酔した状態で食べていただきたいB級グルメ。前回は「富士そばのカレーカツ丼」について書いた。今回は、都内に点在するチェーン店「かしわやの醤油ラーメン」の素晴らしさについて書いてみたい。

かしわやとは、駅前によくある蕎麦メインのチェーン店のようなもので、三軒茶屋や武蔵小杉、学芸大学などに店舗を構えている。

この店は、調理する人によって味がかなり変わる。こう書くと、画一された味が出せないのはチェーン店として致命的に思えるが、それを感じさせない個性が魅力的なのだ。口中が血だらけになるほどにカリッカリに爆揚げされた衣が炸裂する春菊天や、人類の叡智えいちを結集した驚異的な技術力で肉が薄く伸ばされたソースカツ丼など、どれも一筋縄ではいかないメニューばかりなのである。

つまり、かしわやという大きなくくりで話を進めることは、前回と同様に全体像をボヤけさせてしまうことになる。

なので今回も店舗を絞り、私がいつも千鳥足しげく通っている学芸大学店を紹介させていただくことにする。

発病寸前のポップが迫りくる「かしわや」の魅力

東急東横線、学芸大学駅の改札を出て右に真っ直ぐ歩くと、いかにもチェーン展開された蕎麦屋然とした店舗が姿を現す。

近くに寄ってみると、窓ガラスに無造作に貼られた「季節限定!ガパオライス!」「いなり!」など、最早何がメインなのかわからない発病寸前のポップたちがにぎやかに出迎えてくれる。このヤケクソ気味に貼られた発病寸前のポップも、かしわやの魅力のひとつだ。

どれもこれもが主張して「食べてくれよぉ、おすすめだよぉ」と見るものに訴えかけてくる。怖い。その押し付けがましさ、トゥーマッチさたるや、知らない方ならば「よし、よくわかんないから他の店に行こう」となっても仕方のないほどである。目の前にはオリジン弁当もある、ちよだ鮨もある。

前述したが、この店は調理人によって味がかなり変わる。確認しただけでも数度、深夜の担当が変わったと同時に、味が大きく変わった。

そしてそのどれもが、「不味くはないけど美味くもない、つまり普通」という評価である。

が、それは素面の状態での評価である。泥酔状態でとなると、もう確実にミシュラン受星である。

私は以前通っていた祐天寺店が潰れてから、学芸大学に引っ越して数年ぶりにかしわやとの再会を果たし、日々その周辺の飲み屋で泥酔した後、完全にどうかしてるメニューたちを食べては、「うわぁ、懐かしいなあ笑」と一人笑っていた。

なかでもいちばんのお気に入りは、豚丼+コロッケという組み合わせだった。甘辛く煮た薄切りの豚と玉ねぎに、ささがきされた牛蒡が入っているのが嬉しい。

これだけでも美味いが、常温に戻されて元気が無いワラジのような、もはやコロッケではなくヨロッコとでも呼ぶべきコロッケにウスターソースをたっぷりかけ、丼の上に乗せて一緒に食うのが、これまた美味い。酩酊状態で馬鹿になった脳に強烈に効く。

この食べ方を発見してからは、一生これしか食えなくてもいい。そう思っていた。そう、醤油ラーメンを頼むまでは。

郷愁がパフェのようにタワーリングされた醤油ラーメン

かしわやの醤油ラーメンの特徴は、残念ながら特にない。しかし、この「何もなさ」が特別で格別たる理由なのである。

以下の写真は、先日、泥酔状態でかしわやに入店し、撮影したものである。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/03/kashiwayaramen.png

見た感じ「あ、ラーメンだな」くらいの感想しか出てこない、まったく普通のラーメンである。味にも特徴がない。

海苔、メンマ、鳴門、チャーシュー、ネギが「ラーメンっぽいから」という理由で用意されたであろう丼に浮かんでいる姿は、昨今のオリジナリティを出しすぎるラーメン店へのアンチテーゼであると同時に、店内に貼られた破滅的なポップとは対象にシンプルイズベストな精神を感じることができる。

「こっちだって好きで出してんじゃねえんだよ」

と、店員の声が聞こえてきそうである。

これほど「普通」の二文字が似合うラーメンを、私は他にも知っている。海の家のラーメンである。そう、かしわやの醤油ラーメンは海の家のラーメンの味がする。正確には、海の家で食ったことのあるラーメンの味がする。

誰でも「懐かしいと思う味」のひとつやふたつ持っているはずだろう。

私が生まれ育った群馬県には海がない。ちなみに巷間で言われているような、部族に呪いをかけられたり、入国にパスポートが必要だったりすることはないので、皆さん安心して遊びに来て欲しい。

海のない場所で育った私にとって、夏休みに家族で海水浴に出かけることは大きなイベントで、毎年の楽しみだった。そして、海の家という非現実的な空間で喫食をすることが、とても特別なものに感じていたのを覚えている。

その思い出が蘇ってきてしまったのだ。群馬県から東京に来て、何の因果か学芸大学店の駅前の蕎麦屋に千鳥足で入店し、そこで食べた醤油ラーメンが昔懐かしい味がする。

そう、私はただ醤油ラーメンを食べていたのではなく、数年ぶりに通い始めたかしわやで、数十年前に食った海の家のラーメンの味を思い出すという、パフェのようにタワーリングされた郷愁を味わっていたことに気付いてしまったのである。

これが美味くないわけがない。郷愁と書くと寂しい感じもするが、実際は「う、うっわー笑 これ海の家の味だよ笑! 雑な感じ!」と頭の中で大笑いしながら食ったし、今でも笑いながら食っている。

かしわやの醤油ラーメンの「何もなさ」は、言い換えれば誰でも何かを付け加えることができるということである。私はそれに子供の頃に体験した、海の家の思い出を付け加えた。それがギャバンの胡椒より効いたのは言うまでもない。

最近では誰しもが何かに理由をつけなくては気がすまなかったり、料理に関しても「そもそも」な品が多いような気がする。

でも、ほんとうはもっと何もなくて良いのではないだろうか。自分がすっと入り込めるような何にもない、何でもない店があっても良いのではないだろうか。たまにそんなことを思う。

そうそう、学芸大学は良い飲み屋が多い。泥酔した状態で何かを食べる状況まで自分を追い込むには、とても都合の良い街だと思う。皆さんぜひ遊びに来て欲しい。

私も大抵その辺で飲んでいるので、もしお会いしたならそのときは、一緒にかしわやでシメの醤油ラーメンでも食べましょう。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP