• MV_1120x330

【人気都市クリスマスマーケット比較】プラハ・ウィーン・ブダペストなど旅人目線でベスト5

旅人マリーシャ 旅人マリーシャ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中欧からメリークリスマス。旅人マリーシャです。

私、寒いのが大嫌い。だけどもクリスマスは大好き。キラキライルミネーションにベルの音。これがあれば寒くても最高のヨーロッパの旅ができるのだ。世界でもとりわけ美しいヨーロッパのクリスマスマーケット。いくつも見たくて駆け足取材してきました。世界三大クリスマスマーケットと言えば本場はドイツですが、中欧諸国が負けてない! 個性あふれた中欧のクリマ、旅人目線で勝手にマイベスト5を選出してみました。

※街の一部に訪れた旅人個人の感想としてお楽しみ下さい。

第5位 小規模だけど美人率高めスロバキア・ブラチスラヴァ

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/019.jpg
プラチスラヴァのクリスマスマーケット

プラチスラヴァは小さな街なので屋台は小規模だけど、その分まとまりがあって温かいムード。特筆すべきは、美女が多いということ。マリア様のような美女の笑顔にときめくこと間違いなし。グリューワイン(ホットワイン)を飲みながら人間ウォッチングをしていても楽しめるクリスマスマーケット。

ちなみに、昼は年配や家族連れが多く、どうやら夜が更けるにつれ美女が増えていくようだ。夜中のGOGOバーでは、天使コスをした美女が激しく踊っていた。

第4位 世界一有名なクリスマスマーケットのドイツ・ニュルンベルク

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/025.jpg
ニュルンベルクのクリスマスマーケット

クリスマスマーケットの本場ドイツですが惜しくもベスト3に入れず。「世界一有名」という肩書のせいでハードルが上がりすぎてしまったか。ドイツ南部のバイエルン州第2の都市ニュルンベルクで催されるマーケットは、伝統的ではあるもののちょっぴり渋い。それでも、ズラっと並ぶ赤と白のストライプ屋根で統一された屋台は圧巻。

梅津かずお。ウォーリー、大阪の食いだおれ人形a.k.a.くいだおれ太郎、どれを意識したわけでもありません。城壁に囲まれた街の、17世紀からの歴史を持つ中世の雰囲気には本場の説得力があります。

第3位 食が豊富なハンガリー・ブダペスト


https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/037.jpg
ブダペストのクリスマスマーケット

食べ物ブースが充実していて、ハングリーな人にとってはある意味一番オススメ。肉の塊や、パプリカの赤黄緑が華やかな料理、大きなソーセージは太くて大きく、黒いのもあったりと種類豊富。丸いパンを入れ物にしたハンガリー名物グヤーシュスープは湯気をたて、見ているだけでも体と心が温まる。見ているだけで…? そう、お値段はちょっと高め設定。

東欧はヨーロッパの中でも少し物価が安いはずなんだけど、クリスマスマーケットとなれば結構TOKYO価格。ソーセージが千円くらいしてビックリ。まあ太くて大きいから仕方ないのかな。日本も肉フェスとか東京ラーメンショーとか代々木公園のフェスとか、意外と割高で気付くと散財してるよね。ハンガリーはユーロではないのでフォリントに両替して臨もう。犬のフンが多いので注意。

第2位 プラハ城でお姫様気分のチェコ・プラハ

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/047.jpg
プラハのクリスマスマーケット

プラハと言えば中心地「旧市街広場」のクリスマスマーケット。鮮やかなイルミネーションや光のパフォーマンスはさすが観光地といった貫録。しかしそこだけではなく、世界でも最も大きい城プラハ城の敷地内でもマーケットが行われていました。城内にある美しい教会とツリーのコラボがキラキラすぎてどっかの国のお姫様になっちゃったんじゃないかと思うくらい。しかしそんな幻想も覚めるくらい、モルダウ川沿いであり小高い丘にある城に吹きっさらす風が冷たい。

そんな時はプラハ名物の「トゥルデルニーク」という、棒に生地を巻き付けて焼くドーナツのようなお菓子の屋台へGO。ユラユラと燃える火が美しいねと言いながら、お菓子を焼いている火で暖を取りましょう。1位にするか迷ったものの、こちらもユーロが使えずチェコ・コルナへの両替の手間と…、犬のフンを踏んだので2位。

第1位 街とのコラボが美しすぎるオーストリア・ウィーン

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/056.jpg
ウィーンのクリスマスマーケット

プラハと相当迷ったのですが見事1位。ウィーンだけにWIN。決してダジャレを言いたかったわけではなく、物価の高さや悪天候などのハンデを背負った中でもイルミネーションの豪華さと、美しい建築物とのコラボが最高だったのが理由です。大きなマーケットが開催されている場所も10か所以上あって、全部行けなかったのが悔しいですが、それも再び訪れたいと思わせるひとつです。

「カールスプラッツのアート・アドヴェント」では空に向かってそびえる教会の吹き抜け感が爽快のもと、子供プログラムが充実しているので、可愛い子供に釘付け。「マリア・テレジア広場のクリスマス村」では美術史博物館と自然史博物館に囲まれた中、外に居ながら芸術的な気分に浸りグリューワインを楽しみます。

そしてさすが音楽の都。どこぞから流れてくるクオリティーの高い生音がクリスマスムードを一段と盛り上げてくれる。ウィーンのクリスマスマーケットは見所が多く全部見ようとしたら大変ですが、その分規模が大きくて個性のある、満足なクリスマスマーケットを楽しめるはずです。そして、犬のフンが落ちてなかったのが最後の決め手となった。

All photo by 旅人マリーシャ

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/12/main22.jpg

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP