• MV_1120x330

子育てママにおすすめのスニーカー5選

羽深祥子 羽深祥子


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さい頃に見た“お母さんの足元”を覚えているだろうか? 手をつないで買い物へ行ったり、登園したり、母と共に歩くことが多い幼児期。背の小さな子どもは目線も地面に近いため、なんとなくどんな靴を履いていたのかうっすらと印象に残っていることだろう。

私がぼんやりと覚えている母の履き物といえば、厚底サンダルだ。それもギャルを思わせる迫力のポックリ。ソールはコルク製か何かだったような気がする。さすが70年代スタイルだ。そのポックリ以外は、歩くとカランコロンと音がするヒール低めのサンダル。やっぱりサンダルだ。ここまでサンダルの記憶しかないと、母の日常はほぼサンダルだったに違いない。おそらく、なぜかと尋ねても「ラクだから」以外の理由は期待できないだろう。この頃はまだ女性がスポーツをするとき以外にスニーカーを履く習慣なんてなく、ラクな履き物の選択肢が今ほどなかったのだ。

それを考えると、本当に今はオシャレの幅が広がったと思う。子供を走って追いかけたり、公園で一緒になって遊んだり、とにかくアクティブな子育てママには必須アイテムのスニーカー。今回は、そんなママたちの元気を支えるようなアイテムを紹介したい。

サンダル並みに脱ぎ履き楽チン「Vans/スリッポン」

 
子どもを抱っこ紐でくくり、お出かけの準備が整っていざ出かけようとするその時、ものすごく困るのが靴を履くことではないだろうか。まず、自分の腹の前に10~15キロの塊を抱えた状態で靴の紐を結ぶのは大変困難。そんな時に活躍するのがスリッポンタイプのアイテムだ。

そしてスリッポンといえばVansが王道。サッと履けて、サッと脱げる。サンダル同様、脱ぎ履きにストレスがかからない上にオシャレという、まるで幼児を抱えるママのために作られような優秀さ。カラーや素材のバリエーションが豊富なところも嬉しい。「ドリフみたい・・・」と言う昭和育ちの人の声は右から左へ流しておこう。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP