• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

油断禁物!旅の出発前に確認しておきたい事5選

旅人マリーシャ 旅人マリーシャ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ、私は今インドネシアをウロウロと放浪している旅人です。旅を始めて早5年。旅が日常になると、”旅慣れ”というものをしてしまう。

一時帰国をしてもまたすぐに旅立つ時は、まるで近所に出かけるような気分とそう変わらず、「ちょっと渋谷行ってくる」くらいのノリ。いや、もしそれが言い過ぎだとしても、東京から軽井沢や大阪京都などに遊びに行くのとやっぱりあまり腰の重さは変わらないだろう。

しかし、海外へ旅する場合に少し勝手が違うのは、国内を旅するよりはもう少し”旅の準備”が必要だということである。

「パスポートとお金さえあればなんとかなるから!」

なんて言って、忘れ物の確認をするのが旅人の決まり文句だが、もちろんパスポートとお金だけじゃ普通に旅出来るはずがない。最低限必要なものというのは他にも色々あるのだ。

さて、しばらく日本にいた私は旅の仕方を忘れてしまったのか、はたまた旅慣れた自分に油断していたのか、何も準備しておらず出発ギリギリになって慌てるハメに。今回改めて何が必要だったか再確認できたので、地味で細々したことだけれども、改めて旅の前に確認しておきたい情報を5選してみました。

※基本的にツアー利用者ではなく、あくまでもバジェットタイプの個人旅行者向け情報なのであしからず。

1)ビザの条件

まず最初にチェックしておきたいのは、行く先の国の入国にビザが必要かどうか。ビザとは、クレジットカードのアレではなく、入国許可査証のこと。前途した通り、パスポートさえあればどこの国でも行けるわけではなく、入国するのにビザが必要な国というのはたくさんある。

先進国でさえ、アメリカはESTAという渡航認証、オーストラリアはETASという電子ビザが必要だったり、ヨーロッパも2021年からETIASが導入されるとか。それ以外の国々もビザが必要な国というのは意外と多く、事前に対応しておかないといざ旅が始まってから入国出来ないなんてこともありえるのだ。

「日本のパスポートは世界最強!」

とは言われているけれども、旅行の際はビザに関して必ず早めに確認しておくこと。

「すっかり忘れていて、直前で取ろうとしたけど発行が間に合わなくて航空券を無駄にしちゃったよ!」

なんてことにならないように。

また、ビザの条件は変更することもあるので、最新情報をチェックしましょう。私は今回インドネシアで35米ドルほどのアライバルビザ(現地到着時に発給できるビザ)が必要だと思っていたが、どうやら数年前から免除になっていたようだ。

なんだか得した気分だったけれど、逆のパターンもあるので気を付けたい。

2)情勢や治安

世界一治安の良いであろう日本で平和ボケしてる私たちが世界を歩けば、超イイ鴨。鴨なりに身を守るため、行先の治安はあらかじめ確認しておかなければいけない。

その国の情勢というのは日々変わるし、天災やテロが起きることもある。まずは、外務省のホームページで確認するのも然り、検索エンジンから国名でニュース検索すれば最新の情報が手に入る。

それから、普段はどのくらいの街の雰囲気なのかというのは、個人差はあれど旅人たちが現地で肌で感じている。参考までに、旅人の現地情報をアテにTwitterやブログを探るというのも私がよくやる方法だ。

それによっては、気持ちの持ち方やまず空港から宿までの移動方法すら変わってくるだろう。タクシーなら安心なんて言って、間違って白タクに乗って、ボッタクリならまだしも、タクシー強盗なんかに遭いませんように。

3)予防接種

基本的に先進国やメジャーな国で衛生的であり、かつ病院などにすぐ行けるような国であればさほど気にする事はないが、発展途上国などに行く場合は予防接種も意識したい。ちなみに世界一周をするような旅人はほぼ必ず予防接種を打っているだろう。

例えば私の場合、狂犬病、三種混合ワクチン(ジフテリア・百日咳・破傷風混合)、ポリオ、A型肝炎、黄熱病などを摂取済み。ちなみに今回私はインドネシアに行くにあたりデング熱を心配したけれど、国内で利用可能なワクチンがないので断念。こういった場合は仕方がなく天に運を任せるしか他ないが、そっちに気をとられて狂犬病の効果が切れていることを忘れていた。

道端で野良犬に足を舐められた時はゾッとしたよ。狂犬病は下手したら本当に死ぬからね、今すぐ打ち直したい。なお、狂犬病の予防接種は3回程打つ必要があり、一ヵ月くらいかかるので、打つ際にはその期間も念頭に。

mc088-1

4)現地のお金事情

行く国の通貨やレートは出来ればきちんと把握してから行くのが良い。アメリカドルやユーロなど慣れた通貨であれば問題ないが、普段使わない通貨だと計算が難しかったり頭がこんがらがったりする。

例えばインドネシアルピアで言えば10万ルピアなど通貨のゼロの数が多く、数字の混乱を利用した悪徳両替や、両替に夢中になってる間に荷物を盗まれたりなどトラブルも多い。騙されないように、いくら両替したらいくら手元に来るのかなど、頭の中でシミュレーションしておき、初めは小さな額で両替するのがベター。

また、タクシーやツアーなどでボラれないようにするために、それらの相場も把握しておいた方が良い。前もってわかっていれば、高いと感じた時に交渉できるので、ボッタクリ被害を防ぐことが出来る。

それから意外と見過ごしがちなチップの有無。

「アレ!そういえばこの国ってチップ制度だったっけ?何パーセントが妥当なんだろう…」

なんて風にレストランやタクシーなどを使った時にハッと気づく時がある。この手の事は、その場でどうにでもなるので事前に知っておかなければいけないほどのレベルの話ではないが、知っていると余裕を持って対応できるのでやっぱり知っておきたい。

5)空港から宿への行き方

「着いたどー!」

なんてテンションあげときながら、空港に着いたはいいがどうやって宿まで行くんだっけ、となるパターンがある。送迎付きのツアーであれば全く関係のない話だが、旅人にとってはWi-fiが繋がるまでここは結構大事。

普通の旅行であれば、ちょっと高いお金を払ってもタクシーでホテルまで直行!というのもありだろう。しかしバックパッカーなどのバジェット型旅行者はこれに含まれないので、やはりWi-fiがない間の事はまず全て事前に調べておくこと。

宿の場所、そこまでの行き方、というのはマストで知っておかなければ行けない情報なのだ。ここまで出来ていれば、この後は宿のWi-fiでその都度調べれば良いだろう。

それでは、bon voyage!安全な旅を!(なぜかフランス語でしめてみました)

By 旅人マリーシャ

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP