• MV_1120x330

タイ北部プーチーファーのご来光と雲海を見る

もへこくーん もへこくーん


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは毎日地球のことを考えていますか? 私は地球に住んでるな〜とか、このコンクリートの下にはまだまだ先があって最終的には反対側の大陸に辿り着くな〜とか、空の上にはまた空があって、その先は宇宙で、まだまだ先があって、、とか想像しますか?

コンクリートジャングルの、様々な“国”で生活している私達にとって、私達人間が創り上げたこの“世界”のもっとその“奥”(“外”ではなく“奥”!)を感じることは、日常の中では中々難しいのが現実です。

そんな私達に、地球を感じさせてくれる場所が人気旅行スポット、タイにあります。タイ旅行、と聞くとまず何をイメージしますか? バンコク、カオサンロードのクレイジーなパーティー? それとも綺麗な海がある南部の島々でしょうか。KOH PANGANのFULL MOONパーティーや、長閑な緑がある北部チェンマイもいいですよね。

個人的にはタイに足を踏み入れるたびに、どうしても速攻で南下し海をエンジョイしたくなってしまうのですが、北部もかなりいい! と今更実感した次第です。タイ北部チェンライから100kmほど東、ラオス国境にある、プーチーファーという山があります。これはタイ語で“天空を指す山” という意味です。その名の通り、山頂からは隣国ラオスと、メコン河が展望でき、雲の上に位置するの山頂から見える美しい雲海と日の出が、空の上のまた違った世界にいるような気分にさせてくれるのです。

オーロラと同じく、空気の澄んだ寒い時期に訪れることでより澄んだ景色を見ることができます。
12~2月初めの冬の間に行くと、ほぼ確実に綺麗な雲海と朝日が標高1682mから楽しめるといわれています。

タイ人にはとても有名で人気の高いここ、プーチーファーですが、何故か外国人旅行者にはあまり知られていないというのが、かなり不思議なところ。私が訪れたときも外国人旅行者と見られる人は 2、3 組のみでした。皆速攻南下だから?(笑)

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP