• MV_1120x330

一度は行きたい都内穴場パワースポット「小笠原諸島」

齋藤和実 齋藤和実


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々更新されるウェブ上のコンテンツでは「都心で楽しめる温泉○選」とか、「都内で行けるパワースポット」とか「都内の自然豊かな穴場」とか・・・そういったものを多く目にします。そういう意味ではここも「都内にある自然豊かで穴場で人が少ないパワースポット」に間違いないのですが、しかしながら片道1000キロ、そしてアクセスは6日に一本の定期船のみ・・・それは、小笠原諸島。なかなか行きづらい場所ではありますが、今年の夏にフェリーが新しくなったということもあって世界遺産登録以来またちょっとだけ、注目を集めています。でもそもそも小笠原の何がいいの? という方のために、ざっくりしたご紹介を。

アクセス

まずは行き方ですが、先にも述べたとおり手段は船しかありません。豪華客船での小笠原クルーズというのもありますが、一般的にはフェリーですね。竹芝の客船ターミナルから乗れる「おがさわら丸」というフェリーが約1週間に一本あり、これで父島へ行くわけです。一番安いチケットで片道25,000円くらい。往復で5万円なので、結構高いです。それに揺られて父島までは丸々24時間、飛行機だったらヨーロッパに行って帰ってこられるくらいの所要時間だと思うと、やはり秘境ですねえ。

【おすすめの宿】

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP