• MV_1120x330

【まさにSATC!】ニューヨークのシェアオフィスに潜入してみた!

さめこ さめこ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

潜入したシェアオフィスは、とんでもなくお洒落だった!!

5つまわった中で一番衝撃だったシェアオフィスは、Neue Houseでした。エントランスの扉を開けたら、もうそこは別世界! 最高に洗練されていて「お洒落ってこういうことを言うのね」とお洒落という言葉の本当の意味を知ってしまった感じです。

 
空間だけではありません! 受付にいるお兄さんとお姉さんまで、全員・美男美女でファッションも完璧! そんな彼らの眩しいオーラに圧倒されドキドキしつつも、勇気を振り絞って「このシェアオフィスを見学したいのですが…」と話しかけてみました。すると残念ながら、事前の予約をしないと見学する事は出来ないとのこと。

それでもどうにか入れないかと交渉したら「ここにメールしなよ」とメールアドレスが書かれたオフィスカードを渡され…「さすがに今日連絡して今日見学は難しいかもなぁ」とダメ元で連絡をした所、1分後に、
 
「17:30にきなよ」と返信が。
 
キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
 
で、満を持して足を運んだ17:30。
 
ウェイティングスペースで待っていると、またもや美女が登場。シェアオフィス内を案内してくれるリレーションシップマネージャのJessicaも、美女でキラキラLADYなのでした。もう…ここで働いている人達はビジュアル採用なのだなとJessicaを見て更に確信しました。
 

そんなJessicaですが「Nice to meet you」と挨拶するやいなや、「貴女たちの仕事は何?」と単刀直入に聞いてきました。いきなり職業を聞かれてビックリしていると「ここはクリエイティブな人しか受け付けないのよ」とのこと。シェアオフィスの会員は主にファッション関係、映画関係、広告関係、デザイナー、マーケター、ライターなどなどクリエイティブ職限定。でもユニークな分野のパイオニア的な人はウェルカムなのだとか。
 

私は一応ライターだけれど、きっと彼女の求めるようなキラキラ⭐︎ライターではないし、K子ちゃんも異業種だし…残念ながら全く会員にならない顧客だと判断したJessica。でも事前予約してくれたしとシェアオフィス内を案内してくれました。(よかったぁぁぁ!!)

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP