• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

想像逸脱! 世界の創作寿司を体験してみると・・

Ayumi


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で日本人のソウルフード「お寿司」が人気を博していますね! その人気に拍車がかかり、日本人では想像もつかないような新しい創作寿司も出てきているとか・・。海外生活をしていると、度々お寿司店を見かけるのですが、今までは勇気が出ずに、いや、チャンスがなく、足を踏み入れることはありませんでした。

今回とうとう、強制的にスペインのマドリードで寿司を食べるチャンスを作り出し、世界の創作寿司初体験をしてきました。日本人の味覚を持つ者としては、想像を逸脱する体験でしたので、レポートしてまいります。

今回訪れたのは、マドリードの中でも飲食店が集まるChueca地区。ここに、スペイン料理を組み込んだ創作寿司店sushibéricoがあります。ibérico(イベリコ)とは、スペイン料理の中でもイベリコ豚の生ハムから取っているそうで、名前からもスペイン料理とのコラボレーションが感じられます。

sushiberico

今回は、sushibéricoおすすめの12貫セットを試してきました。

どのお寿司も、日本の回転寿司では回ってこないような見た目の巻き寿司ばかり。その中から、「おおお!」と私を唸らせたお寿司たちをご紹介します。

sushi1

1)スペイン料理トルティージャとのマリアージュ

スペイン料理といったら、じゃがいもが入った卵焼きトルティージャ。スペイン風オムレツとも呼ばれています。sushibéricoではトルティージャもお寿司で巻いちゃいました。お味は、想像できるかと思いますが、「卵焼きと酢飯」です。日本人的には、卵焼きはご飯と食べたほうが美味しいと感じられるので、これは大いにアリだと思います。スペイン料理と日本料理とのマリアージュ、です。

2)ヤギのチーズとの相性は・・

ヨーロッパの他の国々同様、スペイン人もチーズが大好き。なので、チーズも巻いちゃいました。ここで巻かれたチーズは、ヤギのミルクで作られたカブラチーズで、濃厚な味が特徴。あたたかい酢飯との組み合わせはどうなるのだろう・・とドキドキながらほお張りましたが、意外と美味しかったです。お寿司の上にかけられた甘いソースが、うまく味をまとめてくれていました。はちみつからできているのかな? と聞いてみたら、何と玉ねぎから作られているそうです。これには、プチびっくりでした。

3)お好みはカレーソース? バーベキューソース?

究極だったのが、カレーソースとバーベキューソースがかけられたお寿司です。どちらも、「ええ!?」というのが第一印象かと思いますが、その印象通りの味です。カレーソースは、カレーソースであり、バーベキューソースはバーベキューソースでした。これは、フライドポテト感覚で楽しんでもらえたらいいのかな、と思います。

どのお寿司も、日本人では思い付かないような奇想天外の組み合わせ。おそるおそる食べてみたものの日本人にとってはホームの味だからか、何だかんだで美味しく頂けました。

sushibéricoのオーナーは、お寿司が大好きで生魚を食べられない旦那さんのためにこれらの創作寿司を作り始めたのだそう。何とも愛にあふれた創作寿司ではありませんか!

世界にはまだまだ創作寿司が埋もれているはずです。海外でお寿司店を見つけたら、怖がらずに新しい味を求めて扉を開けてみてはいかがでしょうか!?

sushibérico
住所:C/ San Marcos, 12,28004 Madrid, (Chueca)
電話番号:(+34) 91 011 89 39
営業時間:火曜〜土曜 13:30-16:00,20:00-23:00 日曜13:30-16:00
定休日:月曜

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP