• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

インドで使うと喜ばれるおすすめヒンディー語10選

旅するヨギーニ 旅するヨギーニ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドフリークの私が、インドの飲食点で使うと喜ばれるヒンディー語を10選んでみました。カタカナ表記・意味はあくまでも私の覚えたものなので詳しくは、指さしヒンディー語本などをお使いください。使うと喜ばれる順番でご紹介していきますね。

初級編

1. ナマステ(こんにちは)

定番ですが、これは1番使いやすい挨拶です。町ですれ違った人でも必ずナマステと挨拶してくれます。すれ違う人にしきりに「ナマステ」と言ってみましょう。目上や年配の人には、ナマスカールを使う場合もあります。

ナマステ(サンスクリット語:namaste)は、インドやネパールで交わされる挨拶の言葉である。会ったときだけでなく、別れの挨拶もナマステである。フォーマルな形にナマスカール(namaskār)がある。

通常、ヒンドゥー教徒・仏教徒・ジャイナ教徒の間で交わされる。イスラム教徒の挨拶はアッサラーム・アライクム(As-Salāmu `Alaykum)、シーク教徒の挨拶はサティ・シュリー・アカーラ(Sati Śrī Akāla)が一般的である。
出典:Wikipedia

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP