• MV_1120x330

運転手が突然消える!? ハワイのクレイジーなバス

鈴木桃子 鈴木桃子


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車なしでもハワイで生きて行ける?

何を隠そう、私はバス族です。仕事でも子供のお迎えでも買い物でも、すべてバス! 「ハワイで車がないなんて生きていけないわ」なんて、長くハワイに住んでいる人から同情を買ったりすることもあるのですが。何とか生きていけるんです、ええ生きてます。

「The Bus」という便利なアプリで、次のバスが何時に来るかは大体分かるのですが、到着予定だったバスが結局現れなかったりすることもしばしば。日本だったらtwitterで拡散するレベル。こっちの人達も「バスはどこ行ったんだ!? 消えたのか!?」とか、叫んでいるのを目にしますが。

これぞハワイアンタイムな交通機関を頼りに生きていくのは、確かに大変です。

ハワイのバスのクレイジーな出来事

日本なら間違いなく炎上するだろう、ハワイのバスのクレイジーな出来事をちょこっとご紹介します。

突如、運転手が消える

たまにあるんです。バスストップに到着して、バスを置いて運転手が突然消える。5分〜10分程度で戻ってくるんですが、どこに行くのか、何をしているのか? 全く分かりません。恐らくトイレか何かだとは思うのですが・・・。乗客は苦笑いで首をかしげて待つのみ!

混みあったバスの中で演奏が始まる

ワイキキから空港行きのバスでのこと。混みあった車内で、少年達がギター片手に歌い始めました。突然始まった演奏に、固まる日本人。次第に「その曲好きだよ!」という声が挙がり始め、車内は和やかな雰囲気に。NYの地下鉄などでは目にする光景ですが、混みあったバスの車内で演奏が始まったのにはびっくり! クレイジーだけど素敵な乗車時間となりました。

ドアを開けて通行人と会話を始める運転手

バスストップで停車した際に、待っていた人が顔見知りだったのか? ドアを開けて大声で話し始める運転手。バスに関する会話なのかと思ったら、明らかに世間話だったりする。そして、なかなか終わらない。乗客はこれまた苦笑いしつつ待つのみ! 特に夜間のバスで見掛ける光景です。

ハワイのバスは人情バス

といった具合にクレイジーなのですが、ハワイのバスは人情バス。

バス停に向かって必死で走っていようものなら、バス停以外でも乗っけてくれるし。(「アスリートにでもなるの?」とか、からかわれるのはご愛嬌(笑))終点と始発の間で降りたい時に、そのまま乗っけてくれたりします。フレンドリーな運転手が多いので、割と相談もしやすい。

優先席の使用にも見習うべきところは多くあります。ベビーカーや車椅子で乗車する人がいる際は、運転手の掛け声で後方へ大移動。運転手は外に降りて乗車の手伝い、設置をしてくれます。自転車をバスの前にくっ付けて乗せることができるのも便利!

ハワイのバスは、クレイジーだけど人情味があり、何故か憎めません。東京の地下鉄で、5分の遅延にイラついていた頃が懐かしい。ハワイアンなバスに乗って、今日も走っている私です。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP