• MV_1120x330

ハワイで「What’s up」が聴きたくて

「俺たちのハワイ」立花一雲 「俺たちのハワイ」立花一雲


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ。昔から憧れの場所だった。かっこいいバンドがいた。簡単に裸になってもいいんだって思った。


出典:fanpop

神様もいた。舌を出してプレイするなんてファンキーなんだ。

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/09/Michael-Jordan.jpg
出典:BASKETBALL BICKER

縁があってハワイでの生活が始まった。32歳。バツ1。ハワイ滞在21日目。これまでのところ楽しくやっている。何より空気がいい。何とも言えない温かさと、南国特有の香りを含む、優しい風。思わず、Breeze is niceとキザな独り言も出る。大分、仕事仲間、友人との会話も板に付いてきた。と、思っている。

しかし、最も言いたかった言葉を言われていない!!! 言ってもない!

「What’s up」
or
「What’s up Dude/Bro」
(こっちがベスト)

これこそが、思い描いていたアメリカらしいカッコイイ(イメージです)挨拶ではないのか! 映画では必ず言っていたぞ! いつ言われるのかと待てど待てど言われない。もう死語なのか? こいつは明らかにアジアンだから、Helloやな。そう思われているのか。まぁ普通に考えるとそうですね。しかし、残念ながら、自分から言う自信はない。Hah? と言われるに間違いない。というか、リアルなニュアンスがわかっていない・・・。しょうがない。基本に立ち返りました。確認です。

業務提携会社の副社長。Mr.アンソニー・ガルビーノ。45歳。生粋のアメリカ育ち。カルフォルニア→ハワイ。

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/09/01.jpg

*************************************************************************

立花:Hi,アンソニー、ちょっと聞きたいことがあるんですよ。

(経緯を説明)

アンソニー:Oh-hahaha! (笑)。OK, Listen, Kazu.(僕のことです)

*************************************************************************

つまるところ、アメリカといっても広い。地方によって使う言葉は異なる。What’s upは特に南部で使われることが多い。(アンソニー曰くです)残念ながら、ハワイじゃあんま使わない。うーん、、なんだか腑に落ちない。

日本でいうと、東京にいるのに、関西弁で「何やってん? 自分元気なん? イケルん?」と聞くようなものか(立花の所感です)。確かに変だ。

*************************************************************************

じゃ、アンソニーよ。何がクールなんだい。一体。

OK, Kazu. How’s It bro! そしてシャカ(あの有名なサインマークです)を一緒にしてみなさい!

↓練習されられました。

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/09/021.jpg

Perfect!

*************************************************************************

そうなのか。これがクールか。ありがとう。アンソニー。今日早速、家の(ホテル在住です)のスタッフにやってみるよ。

*************************************************************************

How’s It Bro ?(シャカマーク付き!)

クレイグ(推定38歳):What’s kazu?? Sorry??
(かず、どうした、なんだって?)

Oh, I said How’s it bro?(シャカマーク付き!)
(いや、How’t it broっていったんだよ!)

Oh!!! Cool!!!! You are loco!!
(おー、ナイス! もうロコじゃん!)

*************************************************************************
ちょっと半笑いじゃないか、クレイグ。聞こえているかい。アンソニー。クレイグにちょっと笑われたよ。ちょっと残念な気持ちで、部屋路に着きました。まぁいいか。今日もハワイの風は気持ちいい。

日本の皆さん、How’s it??

立花一雲です。1982年、日本生まれ、日本育ち。大学卒業後、CM制作会社ロボット、外資系広告代理店JWT Japanを経て、2012年1月イミロア(株)へ入社。海外にいつか、会社を作ろう、作ろうと行っていたら、2013年、ひょんなことからハワイにあるレストランの写真集を作る仕事が。さらには、JWTの大先輩がハワイでPRエージェンシーをやっているという話が(業務提携させて頂いた)、さらには、スタッフみんなハワイ大好き。ということで、ハワイに子会社であるイミロアインターナショナルホノルルを設立、2015年8月CEOとして就任しました。広告プロデューサー、ウェブマガジン「俺たちのハワイ」編集長、インポーター(これから!)をハワイと日本を股にかけ(言ってみたかった)展開中。

この度、編集長の西島さんのお声掛けで「街角のクリエイティブ」にて「俺たちのハワイ」の記事を配信することになりました。

「俺たちのハワイ」とは

女性にはFRaUがあるが、男子には無い(FRaUも好きです!)。そこがスタートでした。もうパンケーキとガーリックシュリンプとアサイーは、おなかいっぱいだ。女性版、FRauになるんだ!フレッシュでリアルな情報を同じ悩み!? を持った人に役に立てるのではないか。

ハワイはOLとお金持ちのものだけではない! そう。ハワイは俺たちのものだ。皆様の「楽しいハワイ」のサポートになれたら。それが「俺たちのハワイ」の願いです。

街クリで読める「俺たちのハワイ」どうぞよろしくお願いします。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP