• MV_1120x330

ハワイで子供を育てるには? 最新ハワイのスクール事情

軽部瑞恵 軽部瑞恵


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国が違えば文化も違う!

ハワイに移住して3ヶ月が過ぎ、我が子たちも学校に通い始めて2ヶ月が過ぎました。ハワイは英語が話せなくても楽しめる!と良く耳にしますが、本当です。子ども達が通っている学校でも、日本語を話せる子がとっても多く、英語が話せない我が子もいつも助けてもらっています。


https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_4428.jpg
そびえ立つダイアモンドヘッド


https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_4418.jpg


  • https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_4425-730x4501.jpg

  • https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_4417-730x4501.jpg


https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_4422.jpg

ハワイのサマーバケーション事情

ハワイでは学校が6月初めに学期が終わり、卒園、卒業式などが行われ、約2ヶ月間の夏休みを経て7月末または8月初めに新学年・新学期がスタートします。夏休みが明けると新学年になる為、夏休み中の宿題はありません。子ども達にとっては最高に楽しい2ヶ月になります!ハワイ在住の日本人の方々は、この夏休みを利用して日本へ帰り、子どもを日本の学校へ通わせる方がとても多いです。

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_6137.jpg

ハワイ内でも夏休みの間、子ども達が通えるスクールが色々とあります。学校で行うSummer School、地域のコミュニティーセンターで行うSummer Fun、スイミングスクール、サッカースクール、バスケットボールスクール、フットボールスクールなどなど。

Summer School

まだハワイに移住して3ヶ月の我が家は日本に帰国せずに、学校のサマースクールに通わせる事にしました。我が子が通うのは、通い慣れたいつもの学校。この学校は、自分で好きなプログラム(スポーツ、アート、音楽とダンス、コンピューター、空手、クッキング)を選択します。遠足も週1回あり、さらにお勉強の時間もあるので親は助かります。遠足では、ホノルルズー、ダイアモンドヘッド登頂、シェイブアイスを食べに行く、シルクスクリーンを利用してTシャツのプリント体験、映画鑑賞、カピオラニガーデン見学、ファーマーズマーケットでのお買い物体験(1人$3分のお買い物)などがありどれも楽しそうです。

サマースクール最終日には、ウォータースライダーが学校の校庭に設置され水遊びが予定されています。さらに、最終日は特別にホームランチではなくスクールランチがあります。メニューは、チーズピザ、ナチョス、ホットドッグの中から2つを事前にチョイスし、さらにフルーツ、ジュースがセットになっています。ピザにナチョスにホットドッグ、流石アメリカですねー!ちなみに、これらのメニューは普段の学校給食としても出てくるメニューで、もはや海外ドラマやイメージの世界では無く現実です。

月曜日〜金曜日まで、8時~13時。6月初め~7月初めまでの約1ヶ月間。授業料は$600。あー高い。お友達の話によると以前は無料だったとか。周りの学校に合わせて値段が変わっていってしまったそうです。更に朝6時半から通わせる場合は、プラス$50。また、13時〜18時まで延長する場合は、プラス$250。働いている親にはとても助かりますね。学校によってプログラムも授業料も違うので、自分の子にあったプログラムの学校を自由に選び、通わせる事ができます。日本からも手続きをすれば入ることが可能です。


https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/06/IMG_6136.jpg

Summer Fun

だいたいの所が月曜日〜金曜日の8時半~2時まで。6月初め~7月中旬までの6週間。勉強はなく、アート、クラフト、スポーツ、クッキングなど一日中遊び中心です。1週間に1回遠足もあります。お値段も$100程度とお手頃で、毎日必ず通わなくてもよいため、遠足だけいく為に申込む方もいるのだとか。人気のコミュニティーセンターでは、受付前日からテントを張って並ぶ親もいるそうです・・・。

子供を守るハワイの法律

そして日本人には耳慣れない法律ですが、ハワイ州法の一つに、「未成年者の福利を危険にさらした罪」というのがあります。これは簡単にいうと、「12歳以下の子供を、13才以上の保護者なしで放置して危険な状態にさらすと、親や保護者が逮捕される」という内容のものです。このためハワイでは、学校や幼稚園への行き帰りにも保護者同伴が義務づけられています。学校から帰った後も、いわゆる日本の「カギっ子状態」は許されず、親が働いている場合でも必ずベビーシッターなど大人がケアするか、アフタースクール・ケアのような施設で大人の保護下に置かれなければならないのです。

長ーい夏休み、子ども達が楽しく過ごせるように、そして働いている親にとっても夏休みの過ごし方はとても重要です。ハワイの学校は楽しい事が沢山あります。またの機会にご紹介したいと思います。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP