• MV_1120x330

コミュ障な大学生が営業職の社会人に治し方を聞いてみた

ranran ranran


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知人に連れて行ってもらったライターや編集者が参加するイベントでの出来事。「こちら、今度からお仕事をお願いしようと思ってるライターのranranちゃんです」と知人がいろんな人に私のことを紹介してくれました。しかし私は、「あっ、ライターやってるranranと申します。えっと、あっ、いまは大学生で、工学部行ってて・・・はい」という文字数が少なすぎる自己紹介しかできず、中には気を利かせて質問をしてくれる方もいましたが、話を発展させることが出来ませんでした。そして、知人が相手にさまざまな言葉を投げかける中、私は2人の顔を交互に見ながらニコニコすることしか出来ませんでした。

私は、コミュ障である。

といっても、医学的に定義されている「コミュニケーション障害」ではなく、いわゆるネットスラングの「コミュ障」。以下が私の主なコミュ障の症状です。

  • 極度の人見知り
  • 相手に・極度の人見知りどう思われるかを気にしすぎる
  • 自分が考えていることをうまく表現するのが苦手

 
こんなコミュ障な私がこのまま社会に出て生きていけるのか、不安で仕方なくなる今日この頃。

私の物凄く勝手なイメージですが、営業職の人ってコミュ力がないと辛いのではと思います。営業職といってもいろいろ種類はあると思いますが、私としては1番就職するのが怖い職種。そんな営業職に就いている社会人は、きっとコミュ力が高いのでは・・・?

それじゃあ、コミュ力が高い営業職の社会人に「コミュ障」の治し方を聞いてみよう!

しかも、幸いなことに、父親彼氏という最も身近な人間の2人が営業職。そんな2人にコミュ障の直し方について聞いてみることにしました。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP