• MV_1120x330

鍋から吹きこぼれるほどの戻しが! 通販ライターが薬事法にひれ伏す時

ユーコ・ノラ ユーコ・ノラ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品や医薬部外などを除き、スキンケアやサプリメント、ヘアケア商品などのいわゆる“ナマ物”の商品の広告を作るときには「薬事法」という存在を忘れてはいけません。

さて、こんな経験はありませんか? 通販のランディングページを覗いた時などに広告を一通り読んでもなんだか煮え切らない。このような感覚を覚えたあなたは大正解です。

「断定」が出来ないもどかしさに悩む通販ライターたち

ライター自身も、「シワが消える!」「お肌にハリが戻る!」「炎症を抑えて綺麗にする」「コレ一粒飲むだけで痩せる」などを本当は書きたい・・・。しかしそれは無理なのです。理由は冒頭のとおり、広告出稿前には必ず「薬事審査」というものが存在するからです。これをパスしないことには広告を出せません。広告を出したいならば、薬事に引っかからない文章を作る他無いのです。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP