• MV_1120x330

【クリスマスケーキ理論】25過ぎたら『売れ残り』は根本が間違っている

きゅうり きゅうり


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスは、「恋人がいない」と嘆く人が増える季節だが、いったい何に悲しんでいるのだろう。クリスマスはケーキがあれば寂しくないし、ケーキがあれば温かい気持ちになれる。クリスマスに必要なのは、恋人ではなくケーキである・・・というのはもちろん暴論だ。1人でケーキを食べたら一層寂しさがつのり、心に吹雪が通る。やっぱりケーキは美味しく食べたい。

ということは・・・あなたが美味しく食べたいのは、ケーキではない。人である。

クリスマスケーキ理論を知っているか?

「ケーキ=人」だと言われてもピンとこない人もいるかもしれない。でも、人をケーキに例えるのは有名な話だ。

女はクリスマスケーキに例えられてきた。25歳を過ぎた女は、付き合う相手に求める条件を大幅に下げるらしい。なぜなら、25歳を過ぎても相手がいない女は「売れ残り」とされるからだ。『25日を過ぎると割引されて売られるクリスマスケーキと一緒』というわけだ。

※晩婚化が進んだ現在ではあまりこの使い方はされていない。この例え自体を問題視する人もいる。

一年中売れるケーキ>クリスマスケーキ

「女=クリスマスケーキ」の善し悪しを論じたいのではない。ケーキを美味しく食べる方法を考えたいのだ。

石原さとみさんを売れ残りのクリスマスケーキだと言う人はいない。なぜなら、石原さとみさんは一年中美味しい高級なケーキだから。女に限定しているわけではない。キムタク(あえて呼び捨て)も一年中美味しいケーキであり続けている。マツコ・デラックス(あえて呼び捨て)も一年中美味しい。

一年中美味しいケーキとは、年齢の影響を受けずに魅力的であり続ける人のことである。

さて、ここまで読んで、“クリスマスケーキ”を食べたいと思っただろうか。あなたが本当に食べたいのは、“一年中美味しいケーキ”ではないだろうか。

クリスマスケーキを“あえて”食べないという選択肢

クリスマスには、クリスマスケーキを食べたくなる。なぜならクリスマスだから。今この瞬間はこの時しかない。そこで需要と供給が生まれる。その日にしか食べられないケーキを食べることで、幸せな気持ちになれるなら、それは素晴らしいことだと思う。でも先程、あなたが本当に食べたいのは“一年中美味しいケーキ”だと確認した。

だから、無理してクリスマスケーキを食べる必要はない。石原さとみさんもキムタクも、クリスマスケーキではないことを思い出してほしい。

ところで私は23歳の女であり、クリスマスケーキ理論によると「モテ期」のピークである。だが私にこの理論は当てはまらないようだ。それでも問題はない。私が求めているのはクリスマスケーキではなく、一年中美味しいケーキだから。

負け惜しみだと思う?
負け惜しみじゃないよ。

屁理屈だよ。

☆★☆★☆

ではまた!
次も読んでね!

きゅうり(矢野友理)

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP