• MV_1120x330
  • MV_1120x330

(2)なぜスピッツの歌詞は評価されて、西野カナの歌詞は酷評されるのか

岡本拓 岡本拓


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jpop2

一方、西野カナはどうだろう? 上記のような理由により、「会いたい」「愛してる」「ありがとう」「なんでも」などの言葉は、決して彼女のフィルターを通った言葉とは言えない。そもそも誰でも使う表現だし、言葉の彼女らしい組み合わせもない。マツコ氏の言う「自分なりの言葉」とやらが、全くないのだ。

この点において、彼女の歌詞は「感情表現としては間違ってはいないが、作詞表現としては薄い」と言わざるをえないのだ。感情表現と作詞表現は、同じ表現という括りでも、全然違うものでるから。
以上が、「なぜスピッツの歌詞は評価されて、西野カナの歌詞は酷評されるのか」に対する私なりの見解である。

さて、今日もアルバム『三日月ロック』の歌詞に浸って寝るとするか。

 

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP