• MV_1120x330
  • MV_1120x330

(2)なぜスピッツの歌詞は評価されて、西野カナの歌詞は酷評されるのか

岡本拓 岡本拓


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

jpop2

なぜ「愛してる」を「愛してる」と表現してはいけないのか?

前回は「西野カナとスピッツ草野マサムネの作詞の根本的な違い」についてお話しした。今回はそれをさらに掘り下げて考えていこうと思う。

なぜ、西野カナのように、感情をそのまま表現することが、マツコ氏の言うようにダメなのだろうか? 分かりやすく言うと、それは、「愛してる」という感情を「愛してる」と表現することで、切り捨てられてしまうものがあるからだ。

Reference:YouTube

「愛してる」の感情を「愛してる」と表現することは、「感情の表現」としては間違っていない。ストレートで良いと見ることもできる。しかし、これが表現形式の「歌詞」となると、話が変わってくる。

誰かに愛を伝える時、「愛してる」だけで全てが伝わるだろうか? とくにそれが言葉だけで全てを表現する歌詞という表現ジャンルになった時、細かい感情まで伝わるだろか?

 

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP