• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

ブルーボトルコーヒー清澄白川店、オープン初日に行ってきた!

街クリ編集部 街クリ編集部


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年2月6日。清澄白川駅から徒歩5分のほどの閑静な住宅街にオープンした、アメリカ発のコーヒー専門店ブルーボトルコーヒー。駅を出て住宅街をうろうろ、「このあたりのはず・・・」と思っていた最中、コーヒーのいい香りが。この香りに導かれるようにして、お店に到着。平日のしかも朝早い時間帯にもかかわらず、多くの人! 人! 人! お子さんを連れた主婦の方やオープンを心待ちにしていたであろう外国人の方、男性同士で並ばれている方も。

寒空の下、コーヒーを飲むために並び始めること早3時間半・・・

待ち始めた当初は、時折香るシナモンや、豆の焙煎される香りで期待感に溢れていたものの、さすがに寒さで心が折れかけてきたその時、「Ladies make someone waffle?Thank you for waiting!!」と店員さんから一かけらのプレーンワッフルが。バターの芳醇な香りがして、さくさくで甘くておいしい。店内で焼き上げた、できたてを振舞ってくれました。そして「Ladies」と声をかけるレディーファーストの文化。これこそおもてなし。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0133.jpg

「お次ご案内致します!」

メニューが手渡されます。

ドリップやエスプレッソ、妊婦の方には嬉しいデカフェまでメニューは15種類ほど。そして「今日のコーヒー」として、使われているコーヒー豆が記載されていました。オープン初日は【BELLA DONOVAN】と【KENYA NYERI GATHAITHI】の2種類。そしてその日のコーヒーにあったペイストリーが一緒に販売されています。この日は、ワッフルとグラノーラ。

「お名前宜しいですか?」


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0157.jpg

店員さんにおすすめを聞き、ブレンドコーヒーとエスプレッソアメリカーノを注文。そこで、「お名前でお呼びしますので、教えていただけますか?」と店員さん。名前を大事にし、コミュニケーションも大切にする、アメリカっぽいなぁ。そして注文が入ってからひとつひとつ丁寧に時間をかけてコーヒーを淹れていく。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0182.jpg


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0181.jpg
コーヒーを淹れる姿は真剣そのもの


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0184.jpg
    頼んだコーヒーを淹れてくれています。そばにONOと書かれたレシート

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0166.jpg
    スターウォーズにでも出て来そうな形のエスプレッソマシーン

極上の味。極上の気分

私が購入したのはこちら。

ドリップコーヒー ¥450(税込)


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0192.jpg
スモーキーな香りとツンとした酸味が合わさった独特の香りが鼻を通ります

エスプレッソアメリカーノ ¥550(税込)


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0188.jpg
苦味と少し尖ったような酸味、でもしつこくなく眠たい朝にはぴったりの一杯

高い天井と、大きい窓から差し込む光で開放感抜群

店内の1階の半分はカフェエリアとロースタリー(焙煎所)エリアに分かれています。カフェエリアには、8人が座れる大きいテーブルが3つ。そんなに卓数が多くない上に人が沢山いたにも関わらず、購入後すぐに着席できたことが意外でした。また焙煎されたばかりのコーヒー豆やオリジナルグッズのマグカップやスターターキットが販売されています。VISAとマスターカードが使用可能とのこと。もちろん、コーヒーはテイクアウトできます!

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0172.jpg


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0177.jpg

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0209.jpg

そして大きい焙煎機が存在感を放つロースタリー(焙煎所)エリア。時々大きな音を立てて豆を焙煎していく音が聞こえます。販売されていたコーヒー豆は、この場所で袋詰めされていました。


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0201.jpg

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0179.jpg

ママたちの憩いの場に!

たまたま同席した、近所に住んでいるというお子様連れの主婦の方にお話を聞いてみました。「注目を浴びるようなカフェは都内の繁華街に出来ることが多いので、子供連れだと行くだけで大変なんです。だからこそ近所にこんな素敵なカフェができてとても嬉しい。日光も差し込んでいて気持ちいいし、子育てのいい気分転換になりそう。今度ママ友と一緒に来たいです」。住宅街にあるからこその静けさがいい利点となっているようです。近所のご年配や主婦の方が気軽に立ち寄れるような憩いの場になりそうですね。

コーヒーに無頓着な方に行ってほしい

コーヒーショップをあなどってました。びっくりするような閑静な住宅街にいきなり姿を現す、大きな倉庫のようなカフェ。日の光が大量に降り注ぐ店内では、男女が世代問わず笑顔でコーヒーを楽しんでいる。長時間並ばされたことさえも忘れてしまうような、居心地の良さと美味しいコーヒー。贅沢したなぁ、なんて気分になってしまいました。またコーヒーに詳しくないという方は店員さんに相談してみてください! こちらが理解するまできちんと説明をしてくれて、その人の希望に合ったコーヒーをおすすめしてくれます。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0160.jpg

3月には青山店がオープン。アメリカから来たダイナミックで繊細なコーヒーは、勢いを保ちつつ関東にコーヒーブーム旋風を巻き起こしてくれそうです。


  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0208.jpg
    所々に隠されているモチーフがカワイイ

  • http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/02/DSC_0146.jpg

BLUE BOTTLE 清澄白河
営業時間:月~日 8:00~19:00
住所:東京都江東区平野1-4-8

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP