• MV_1120x330
  • MV_1120x330

【街クリ運営】本気の「オンライン思考塾」はじまるよ!

西島知宏 西島知宏


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。街クリ編集長、西島知宏です。突然ですが、はじめての著書『思考のスイッチ』を出版して、強く感じたことがありました。それは

知識のアウトプットは、中途半端じゃ意味がない

ということです。今まで何百冊の本を読んで、情報収集しまくって、ブログなどを書いて、いい気になっていた私ですが、『思考のスイッチ』を書く過程で、自分の中にあった「新しい何か」に改めて気づくことが多かったのです。今まで自分の中にあって「くっついていなかった何かと何か」が、「書籍という無駄の許されないアウトプット」に集約していく過程で、贅肉がそぎ落とされた状態で「ピタッ」とくっつく体験を何度もしました。

「この体験何?」

と初めはわからなかったのですが、しばらくしてわかりました。

めちゃくちゃ真剣に知識のアウトプットをしようとしたから

私はブログをかれこれ10年以上書いています。去年は街クリも始めて、普通の人より「知識のアウトプットの機会」は多いように思います。また、「アウトプットすること」には慣れていたつもりです。

でも、本を書いて初めてそれらのアウトプットが「甘かった」ことに気がついたのです。自分の中の「MAX」が「MAX」ではなく「MAX松浦」だったのです。

間違えました。自分の中の「MAX」が「MAX」じゃなかったのです。そして、『思考のスイッチ』を書き終えた時、ある想いが自分の中に、ふつふつと沸いてきました。

「もっとこの感じでアウトプットしないとダメだ」

それも中途半端なアウトプットではなく

「プロとして、場や、人や、内容や、伝え方まで考え尽くしたアウトプットをしないとダメだ」

そう思うようになったのです。


呼ばれて、行って、知ってることを話すだけのアウトプットではなく、
自分自身のレベルも上がるようなアウトプットを。

そこで目をつけたのが、有料オンラインサロンです。さすがに広告業の合間に無料でコミットし続けるには限界がありますが、会員の方々のご協力を得た「有料サロン」という形であれば、広告業のタスクと並列にし、「業務の1つとして100%フルコミットできる」そう思ったのです。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP