• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

【スターへの道!】YouTuberのためのオープン・スタジオIpsy OS

篠原徹子 篠原徹子


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でもYouTuberは盛り上がりをみせていますが、YouTuberの発祥の地アメリカでは、デジタル・ソーシャル社会を中心としたマーケットで、次々と新たなビジネスがはじまっています。
そこで本日ご紹介したいのは、アメリカで有名なビューティー系YouTuberのミッシェル・ファン(Michelle Phan)が立ち上げた、一般人のためのオープンスタジオ、その名も「Ipsy Open Studio」略して「Ipsy OS」です。スタジオはロスにあるので、日本の皆さんは簡単にはアクセスできませんが、日本でもこのようなスタジオができたらクリエイティビティがさらに広がりそう!

Ipsy OSとは?

ミッシェル本人が出演しているIpsy OSの紹介動画がこちら:

Reference:YouTube

ミッシェルは、8年前にはじめてYouTubeに動画を投稿。大好きだったへアやメイク、そしてファッションをテーマにチャンネルを立ち上げました。そこから瞬く間にネット上で有名になり、Ipsyという化粧品ブランドを立ち上げたり、多くのビューティー系スポンサーとコラボしたりなど、アメリカのソーシャル・メディアやビューティー業界では知らない人はいないほど成功した人です。そんな彼女が、ソーシャル上でのキャリアを積みたいと考えている一般人のためにオープン・スタジオ Ipsy OSを立ち上げました。

ベンチャー起業家などのためのコーワーキング・スペース(月々の支払いで使える共同オフィス)は、日本でも数多くありますが、このオープン・スタジオは、映像やクリエイティブ業界でプロの機材を使って創作したい人々に開かれたクリエイティブのためのコーワーキング・スペース。Ipsy OSは、現在ビューティー系のキャリアアップしたい人に特化しているようですが、今後はもっと様々なクリエイターに開かれていきそう!

ミッシェル・ファンのYouTubeチャンネル

プロ使用の機材、照明、編集ソフト

Ipsy OSの魅力の1つは、プロ仕様のカメラ、照明、そして編集ソフトなどを利用できることにあります。ミッシェル自身がYouTuberとして成長する際に学んだ技術などを参考に、機材などが揃えられています。元々オフィスだった空間を改造。スタジオは3つあり、商品撮り専用のセットや、一番大きなスタジオでは各YouTuberの好きなセットを組むことも可能。さらに音声録音用に無音部屋も設置。スタジオには常時機材の使い方を熟知したスタッフがおり、カメラの使い方や照明の立て方などをサポートしてくれます。編集用の部屋も備えており、自分のパソコンを持ち込んで編集も可能。さらに備え付けのデスクトップパソコンもあるので、スタジオのソフトウェアを使うこともできます。

YouTuberたちとのコラボ、イベント等

ネット上で有名になるには、日々猛烈なペースで進化するデジタル・メディアのソーシャル・マーケティングが必要です。さらに人脈やネットワークを広げるために、ミートアップやパーティーなどイベントへの参加も必須。今のデジタル時代を切り抜くための秘訣や、イベントへの招待、さらに他のYouTuberたちとの繋がりを強化して、よりファンの数を獲得するためのコラボレーションの機会などを総括してサポートしてくれるそうです。現在はミッシェルのホーム・グランドでもあるビューティーを中心としたコミュニティとなるそうですが、今後の展開も楽しみです。

創作は自由。スポンサー制限なし

Ipsy OSの画期的なところは、Ipsyブランドの商品などの縛りや制限は一切なく、質を高めたいクリエイターたちが自由に創作すること可能です。気兼ねなく制作スタジオとして利用することができます。ネット上のクリエイティビティは、わざとらしさや無理な売り込みなどをしたら、すぐにネット社会のファンが離れていくことも分かっているようですね。本音で語るYouTuberたちの声は、これからも大きく私たちのライフスタイルに影響してきそうです。YouTuberに興味ある方、ぜひ試してみては?

Ipsy OSのホームページ

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP