• MV_1120x330

女、三十路、ビールの神様が降りてきた

ユーコ・ノラ ユーコ・ノラ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“ビールはいつから疲れを癒す飲み物になったのか”

という類のキャッチコピーのCMが、昔流れていた気がする。ハッとした。曖昧だが、当時、私はまだ酒を飲める年齢ではなかった(と記憶している)。しかしこのコピーに、えも言われぬ感情を抱いたことを覚えている。あれから時が経った。酒を嗜むようになった。一杯目は『ビール』というのが定番になった。定番というだけで、一口目を除いては、さしてビールを好きにはなれなかった。

ではなぜ、私は今、こんなにもビールを飲むのか。疲れを癒すために私はビールを飲むのか。否、楽しくワイワイ飲みたいからビールを飲むのか。否、「そこにビールがあるから飲むだけ」なのである。

ビールは裏切らない。

あなたはそう、ただただ喉を大きく開くだけでいい。喉を大きく広げ、ウェルカム状態なあなたの五臓六腑を、細胞のひとつひとつを、麦芽という大きな愛情で包み込んでくれる、それだけなのだ。時に人と人とは分かり合えない。けれどもビールとならば分かり合える。ビールは裏切らない。

冒頭からぶっ飛ばしている私だが、実は、もうずーっと前から自分が「ビールアレルギーかもしれない」と疑っていた。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP