• MV_1120x330

女、三十路、ビールの神様が降りてきた

ユーコ・ノラ ユーコ・ノラ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運命のビールとの出会い

“慣れ”とは怖いもので、脳貧血でぶっ倒れていた当時の自分に、意味不明な苛立ちすら覚える。本当の意味での、“ビール”との出会いはまさに、三十路街道を歩んでいるさなかの出来事だった。稲妻が走るビールとの出会いがあった。

いや、正確にいえば、何度も飲んでいたその銘柄のビールが、その日は一発で糸を通せた時のような、一発でネジを回し込めた時のようなフィット感を、確かに実感したのだ。そこから私の『ビール狂い』が開花することになる。ちなみに、私を『ビール教のビール狂い』へと推し進めてしまった張本人がPUNK IPAというビールだ。権威あるビールコンテストの賞を総ナメしているという、パンクな刺激でありながらも、ふわっとフルーティーな口当たりに中毒性がある。

しかしなぜ突然、“あの時に飲んだPUNK”が、あれほどに喉元にフィットしたのか、未だにわからない。しかし、多分、私の喉自らが、完璧に受け入れ態勢に入っていたのだろう。1杯だけで腹一杯になっていたあの頃の自分が、飲んだそばから、ビールが蒸気となり空中に消え去ってしまっているのではないかと思うほど、おいしく飲めるようになった。

「ゴクゴク・・・うん、飲める。ゴク・・・全然飲める・・・。ゴキュゴキュゴキュゴキュ・・・。かーっ! うめえ! うめえ!」

そこで、もし私のように、「脳貧血になりやすい。おなかがパンパンになる。ていうか好きじゃない」そんな人がいてもいいだろう。いや、よろしくないが、そんな人で、それでも「ビールをおいしくいただいてみたい」と思っている人は、とりあえず、ビールグラスを買えばいい。高価なものでなくて良い。とりあえずグラスを買えばいい。そして、グラスに注いだビールを何も考えずに、喉を開き、目をつぶって味わうといい。

理屈ではない。グラスで飲むビールはうまい。うまいからそうすればいい

そうすれば、あなたの喉が開花する日も近いかもしれない。ビールは全てを解決してくれる。そのソフトな刺激で。喉元経由で、全身を癒してくれるから。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP