• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

林泰彦と中野裕介、2人のアーティストが生み出す「パラモデル」とは?

街クリ編集部 街クリ編集部


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幽霊の落書き – 夜の金型工場

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/03/1cca2ad264e60b465b9235914f9b5876-730x450.jpg
©www.moriyu-gallery.com 2006 – 2013

色彩豊かなトミカやプラレールを使って、造詣の美やデザインを伝えていく。トミカとアートのイメージがかけ離れているため、部屋中に広がった光がプラレールだと気付くのは一目では難しいかもしれません。日本独特の大衆文化に忽然と姿を変えるトミカ。パラモデルの世界観は子供だけではなく大人も巻き込みます。

トミ串

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2015/03/792b7a9d49935158eecfd64159498359-730x450.jpg
©www.moriyu-gallery.com 2006 – 2013

共に京都市立芸術大学を卒業した2人。芸術に概念は存在しないこと、世にある全てがアートへと変化すること、アートを理解するのは決して難しい事ではなくただイメージして感じるだけだと教えてくれます。国内の各地で開かれている個展ですが2014年にはアメリカへ進出。日本独特の文化を小さい車でアメリカに運んでくれました。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP