• MV_1120x330

元アパレルバイヤーおすすめ。大人女子の今年選ぶべきニット

ゆきびっち ゆきびっち


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月に入り、肌寒い夜が多くなってきた今日この頃。アパレルでは、ニット商戦が本格的に始まりました。みなさん、もう今年の一枚は買われましたか? 独身女子がニットを選ぶとき、クリスマスという冬の大勝負に向けたモテ服と、トレンド服の狭間で悩んでいるのではないでしょうか。そこで今回は、その悩みを解決すべく「モテ」と「流行」の二つを適えるニットをご紹介したいと思います。

オフタイムはボルドー、ダスティ―ピンク。お仕事とデートにはニュアンス色を選ぶ

今年の注目カラーは、「ボルドー」「ダスティ―ピンク」です。どちらも渋くて懐かしい色・・・ですが、今年はその印象を払拭します。
 
         
 
ジューシーなぶどうカラーメイクも注目される中、ボルドーは「女度を上げる色」としておすすめです。濃色で重く見えがちなので、オフショルダー、Vネックなど適度に肌露出できるデザインを取り入れましょう。ライトグレー、もしくはキャメルブラウンと合わせると鮮度がぐっと上がります。
  

 
ダスティ―ピンクは、ビッグシルエットかシンプルなデザインで取り入れるのが旬。ニュアンシーで、落ち着いた大人の色気を感じる色なので、赤味のベージュや白、ライトグレーと合わせて全身がトーナルに見えるように合わせましょう。小物などで黒を差し込むと、引き締まります。
   

 
お仕事からオフまで使える、ベーシックなアイテムを選ぶならばベージュ、グレージュ、グレーの淡色がおすすめ。今年は赤味が入ったものが、素肌感が出て良いとされています。柔らかな印象を与えつつ、ヌーディーな色っぽさを纏わせてくれるため、モテ服にも使えるカラーです。
 

今年のニットワンピース、セットアップはスリット入りで肌のチラ見せを強化

実は男性支持率の高いニットワンピース。女性らしい体のラインを適度に拾うため、清楚なのにエロく見えるのだとか。女性としてはイージーウェアなため、重宝できます。
 

 
全身ニットは重く見えがちですが、今年は裾に深く入ったスリットが抜け感を出しています。素肌のチラ見せができるよう、冬にサボりがちなムダ毛処理はぬかりなく、足元のタイツ合わせはご法度です。
 

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP