• MV_1120x330

【今さら聞けない】クラフトビールの基礎知識とまとめ

mio mio


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5.スタウト(Stout/濃色ビール)

上述の通り、ローストした麦芽を使用したビールです。麦芽ではなく発芽させない大麦そのものをローストして作る場合もあり、その際は甘みや味の濃さが控えめの、見た目に反するあっさりしたビールになるんだとか。ちなみに同じ濃色ビールで似たようなものがポーターというビールで、スタウトの原型となっており、こちらはスタウトに比べて幾分軽い印象です(スタウトが出来たころは「スタウト・ポーター」=「強いポーター」という名前だった)。

スタウトの代表選手はやはりアイルランドの「ギネス」ですね。アサヒビールから「アサヒスタウト」というビールが出ていますので、こちらはコンビニなどでも手に入ると思います。

https://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/05/Guinness_Extra_Stout_and_Guinness_Draught.jpg
出典:Wikipedia

6.デュンケル(Dunkel/濃色ビール)

基本はピルスナーと同じ製造方法で麦芽をローストしている点が違うビールです。スタウトほど色は濃くなく、褐色に近い色合いです。ピルスナーは爽快な飲みごたえと書きましたがこれも例外ではなく、比較的癖がないので黒ビール的なものを初めて飲むならこちらのデュンケルタイプが良いと思います。なお、麦芽のロースト度合いがさらに増すとシュバルツというタイプのビールになります。

ドイツ発祥のビールなので「ホフブロイ」や「エルディンガー」と言ったドイツのビール会社から多く発売されていますが、最近ではサッポロが「欧州四大セレクション」としてデュンケルを発売していたこともあり、日本での製造も少しずつ増えています。


出典:Wikipedia

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP