• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

黒人女性の詩人マヤ・アンジェロウに学ぶ人生の知恵

篠原徹子 篠原徹子


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近メンター(Mentor)という言葉をよく耳にします。メンターはギリシャ神話で、オデュッセイアの息子テーレマコスの忠実な助言者メントルから由来していると言われており、良き助言者、指導者、先生という意味合いを持つそうです。メンターは必ずしも年上であったり、権威のある人である必要もありません。年下であっても、一度も会ったことのない人でもメンターと言えます。

わたしのメンターの1人、アメリカの黒人女性である詩人ドクター・マヤ・アンジェロウをご紹介します。あまり日本では知られていないですが、マイケル・ジャクソンの追悼式で彼女の詩「We had him(彼はそこにいた)」が詠まれたのをご存知かもしれません。またマーティン・ルーサー・キング・ジュニアとともに公民権運動に参加したことでも知られています。2014年5月に亡くなった彼女が残した言葉をご紹介します。

マヤの語り継がれる名言8選

1.
気に入らないことがあるならば、それを変えなさい。
変えることができないならば、それに対するあなたの見方を変えなさい。
文句は言わぬように
If you don’t like something, change it.
If you can’t change it, change your attitude.
Don’t complain
 

2.
最高を望みながら、最悪に備える。
そしてその中間にある物事に驚かぬよう
Hoping for the best, prepared for the worst,
and unsurprised by anything in between
 

3.
みんなはあなたが言ったことを忘れてしまう。
あなたがしたことを忘れてしまう。
だけどあなたに対して抱いた感情を忘れることはないでしょう
People will forget what you said,
people will forget what you did,
but people will never forget how you made them feel
 

4.
多様性の中には、美しさと力強さがある
In diversity, there is beauty and there is strength
 

5.
成長する人間は本当に少ない。ほとんどの人はただ歳を取るだけ。
車を持ち、クレジットカードを大切にし、結婚して家庭を持つ。
人はこれを成長と呼びます。でもそれは歳を重ねているだけ
Most people don’t grow up. Most people age.
They find parking spaces, honor their credit cards, get married, have children, and call that maturity. What that is, is aging
 

6.
何も起こらない、あなたが動かないかぎりは。
Nothing will work unless you do
 

7.
成功とは自分がやっていることを好きになること、そしてそのやり方も好きになること
Success is liking what you do, and liking how you do it
 

8.
鳥は、答えが分かっているから鳴くのではない。
歌うべき歌(伝えたいこと)があるから鳴くのである。
Bird doesn’t sing because it has an answer, it sings because it has a song
 

マヤが語る愛・・・『Love Liberates 愛は解放する』

Reference:YouTube

(以下訳)
わたしは愛を知り、今も愛されており、愛することが出来ることに感謝しています。
なぜなら、愛は解放するからです。そう、解放するのです。
保持するだけが愛ではありません。それはエゴです。愛は解放するのです。

息子が生まれた時、わたしは17歳でした。母は大きな家を持っていました、14部屋もある。
17歳のとき母に言いました、この家を出て行くと。わたしの家を出るということ? 彼女は聞きました。
はい、と応えました。仕事が見つかって、家主が子供の面倒も見てくれる事になったと伝えました。
わたしの家を出るということ? 母は再び問いました。赤ん坊も連れて? と。
はい、家をでます。赤ん坊も連れて。と応えました。

分かった、と彼女は応えました。でも1つだけ覚えていてほしい、と。
このドアを一歩出た時に、「育てられた」ということを覚えておきなさい。
良いことと悪いことの分別の違いが分かっているでしょう、だから、良いことだけをしなさい。
他の誰であっても、あなたを育て直したり変えることを許してはいけません。
そして覚えておきなさい。いつでも帰ってきてもよいことを。

人生の壁にあたった時、わたしはその度に家に戻りました。
赤ん坊と一緒に戻りました。母は一度も「ほら、言ったでしょ」と言いませんでした。
「わたしの娘が帰ってきたわ! わたしの愛するマヤ、美味しいご飯をつくってあげるわ!」
と、わたしが帰る度に母は言ってくれました。
愛。母はわたしが人生を歩めるように解放してくれたのです。
母は何度も、何度も解放してくれました。

息子が5歳になった時、母は息子を食べさせたり迎えに行ってくれました。
わたしは月に1度、母を訪れました。その度にご飯をつくってくれました。
ある日わたしが母の家に戻ると、好物の料理をつくってくれました。
食事が終わったあと丘を2人で歩きながら、母はわたしと止めて言いました。

マヤ、あなたは私が人生の中で出会った人の中で最も素晴らしい人だと思うわ。
当時わたしは22歳でした。彼女は続けました。
エレノア・ルーズベルト、メル・マクレーン、あなたは彼女たちと同じ部類の人間だわ。
キスして別れを告げると、木製のベンチに降り注ぐ太陽の光をみながら、わたしは考えました。
母が正しいのであれば、母は賢い人間だし、嘘をつくような人でもないし、
もし、もし母が言うように、私が「誰か」になるとしたら…と。

母は解放してくれました。自由にしてくれました。自分を信じることができるように。
わたしの中に価値あるものがあることを信じさせてくれたことに。
もしかすると私だけにでは無かったのかもしれません… でも、それが愛なのです。

母の最後が近づいた時。彼女に会いに行きました。
医者からは残りあと3週間の命と言われました。
わたしは自宅に彼女を呼び寄せました。そこから1年半生きました。
そして本当に、本当に最後の時、彼女は酸素注入をしながらガンと戦っていました。

そこでわたしは、母が私をいつも解放してくれたことを思い出しました。
わたしも母を解放したいと言いました。彼女はそれを私から受け取る権利がありました。
素晴らしい娘を持つことに値する女性だったので、素晴らしい娘となりました。

だから本当に最後の時。人によってはあの世に逝く許可が必要だと知っていました。
わたしは彼女に言いました。神が託したすべての事をこの世であなたは成し遂げました。
働き者であり、愛もたくさん与えました。多くの男性に、そして女性にも。
あなたは更に素晴らしい母でした。
もし旅立つために許可が必要なのでしたら、あなたを解放します。

わたしは一瞬だけ自宅に戻ったのですが、何か強く呼びよさせるような気持になり、
母の元へいくと、看護婦がいま旅だったと言いました。

愛は、解放するのです。拘束したりしません。
中国にいたとしても、隣街に住んでいたとしても、愛しているのです。
近くに住んでいたとしても、愛しているのです!

もちろん、あなたの近くにいたいですが、私の肩を抱き、声を聴きたいですが、
でもそれが難しい場合は、ただ愛しています。さあ、行きなさい。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP