• MV_1120x330

会社を辞めたい時に思い出すキャッチコピー7選

神えみし 神えみし


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:JT

誰だって一度は会社を辞めたいと思ったことがあるだろう。厚生労働省が行った平成26年の調査データによれば、1年間の転職率は4.6%ということらしい。つまり、最低でも毎年約20人に1人は会社を辞めていることになる。

会社を辞めて心機一転、新しい職場を見つけて働くのもよし。それとも、働きたくないと駄々をこねて一生を身内のすねかじりで過ごすのも別に悪くないと思う(そんな相手がいればの話だが・・・)。
会社を辞める! とだけ聞けばネガティブなイメージも沸くが別に悪いことではない。だがしかし、上司に辞表を叩きつけ会社を辞める前に、今回紹介するキャッチコピーにぜひ目を通してもらいたい。きっと、読み終えた前と後では考えが少しでも変わると思う。

1. お金がないと生きていけない。人間は弱いね。(さくら銀行)

会社を辞めてどうする。転職先の目処はついているのか。転職しても満足する給料をもらえるのか。
人間は案外丈夫にできているが、思ったよりも弱い存在である。幸せな人生に必要なのはお金より愛だ! なんてB級映画らしいセリフに騙されてはいけない。愛も当然必要だが、お金だって同じくらい人生の必需品である。転職する前に給料、お金のことをよく考えてもらいたい。

2. 疲れている人は、いい人だ。(アリナミンA)

朝、電車に乗れば乗客はみな眉間にしわを寄せ、まるで戦場に向かう兵士のように険しい顔をしている。夜、電車に乗れば、まるで死刑を宣告された罪人のように覇気を失った顔をしている。どちらも幸せが近寄ってきたら、その不幸そうな表情に気後れし逃げていきそうだが安心して欲しい。疲れているのは仕事を頑張っている証だ。そんな頑張り屋のあなたの姿を、きっと誰かが見ていてくれている。頑張れ!

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP