• MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330
  • MV_1120x330

心に突き刺さる海外ドラマのセリフ5選

藤野絢子 藤野絢子


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ドラマを観ていると、ふざけたやり取りの中からいきなりシリアスなシーンになることがよくあります。そんな時には決まって、心に突き刺さるようなセリフが飛び出してくるのです。今回は、海外ドラマの心に残るセリフをご紹介します。

恋愛編

日本のドラマにおける恋愛の“じれったさ”とは異なり、アメリカでは直球勝負。

オレの心を感じてくれ。キミといると感情を抑えきれなくなる。出会った瞬間、美しい青い瞳のキミを見てわかったんだ。運命の人だと。キミはオレを笑わせてくれる。オレの言うことと正反対のことをしてくれる(笑)。ケンジー、結婚してくれ。
 
「ロスト・ガール」シーズン4 第11話よりヘイルのプロポーズの言葉

素直でチャーミングなプロポーズ。しかしこのエピソードの後半にある戦いで、とても切ない運命が二人を待ち受けています。

家族編

家族との関係や、自分にとっての家族の存在は、時と共に変わっていくのかもしれません。

よく言うでしょ、人生半ばに差し掛かると夢より思い出が大事になるって。わたしには素敵な思い出がある。マイクやあなた(ジュリー)とMJやウィステリア通りの友達も。この先にまだ燃えるような最後の恋が待っているかもしれない・・・。でも、もし仮に寂しさで凍えそうな日があっても、温めてくれる思い出があるから十分にやっていける。
 
「デスパレートな妻たち」シーズン8 第23話より夫を亡くしたスーザンが娘に語る台詞

最愛の夫マイクを亡くしたスーザンのセリフです。心に染みますね。身近な人が亡くなってしまった時、残された人たちで心を温めあえれば、それが最大の癒しになるのかもしれません。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP