• MV_1120x330

「ブスだから祝福しない」。アラサー女子の暴言集(結婚編)

ユーコ・ノラ ユーコ・ノラ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いのFacebookの名前表記が、いつの間にか知らない名字に変わっていた。最近の結婚報告は、SNSの名前設定をちょっとひねるだけで完了するからなんともお手軽な時代である。表記名が変わると大体Facebook内の友人たちは「え? 結婚したの!? いつの間に!?」「キャーおめでとー! あたしまでうれしー!」「ついにあなたまで行ってしまったのね・・・」といった具合の、あまり面白くない茶番がひとしきり繰り広げられる。

彼女たちの妬み嫉み

ただ非常に残念なことは、彼女たちは決して心の底から「おめでとう」とは思っていないし、「あたしまでうれしー」気分になんてなっていないということ。では「ついにあなたまで・・・」は、どういう心理状態で発せられるものなのだろうか?

ラスボス、嫁にゆく

先日、私の知人である世間的にヤリ◯ンにカテゴライズされる女性が結婚した。30代中盤。会社内外問わず、ところ構わずツバを付けまくっていたあの女性が、この度ついに崩落。結婚を知る事になったきっかけはもちろん彼女のFacebookの表記名である。

素直に祝福できないのは、アイツが「ブス」だから

外見的なものだけでなく、内面的なものも含めて『ブス』と括させていただきます。

世間の女性はブスに大変厳しい。外見的にも内面的にもブスということは、つまり救いようのないブスなわけだ。このヤリ◯ンの女性もこの流れでいくと『ブス』ということになる。世の女性たちは、そんな女性が自分よりも先に結婚する(できる)ことが面白くないのだ。

そんな『ブス』に対して、世の女性たちが冗談まじりに吐き捨てる暴言の数々。だがしかし彼女たちの瞳は物語っている。「あたしは結構本気で言ってるからな」という曇り無き眼で。しかし、こういう思考が湧き出てくるということは、つまり私含め彼女らも全員もれなく『ブス』なわけである。

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP