• MV_1120x330

【泣く】結婚をテーマにした感動ムービー5選!!

街クリ編集部 街クリ編集部


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生涯を過ごす相手と愛を誓い、今までの出会いに感謝し、育ててくれた両親の愛を再確認する、人生の新たな出発点とも言える結婚。そこには必ず感動の涙があります。ということで、ハンカチなしでは見られない結婚をテーマにした感動ムービーを5つご紹介します!

死が二人を分かつまで

ロウデンさんとリーゼルさんは、ロウデンさんの30歳の誕生日に結婚式を挙げようと予定をしていました。しかし、29歳の時にロウデンはステージ4の癌と診断され、先が長くはないと知ります。闘病生活をおくるも彼の病状は悪くなる一方。ロウデンさんは既に教会へ行くことはできなくなっていた為、2人は病院で結婚式を挙げます。『‘Til death do us part(死が二人を分かつまで)』愛を誓った2人。しかし結婚式が終わった僅か10時間後、ロウデンさんは帰らぬ人に。離れ離れになってしまった2人。でも、2人の愛はきっと永遠だと感じさせてくれます。

Reference:YouTube

Proud To Love

2015年6月26日、アメリカ連邦最高裁判所は50州すべてで同性婚を認める判断を下しました。それを記念し、YouTubeは1本の動画を公開しました。「みんなに話したいことがあるんだ」「長い間、言えなかった事がある」そう言って、次々に自らが同性愛者だと告白する人たち。「お父さん、僕はゲイなんだ。それでも僕のこと愛してる?」と、自らの秘密を親にカミングアウトする瞬間。「あなたを愛さなくなることなんてないわ」と応える家族。差別や偏見を恐れ言えなかったことが、堂々と公言できるようになった日。『愛することを誇りに』のハッシュタグとともに新たなる歴史が生まれた日となりました。

Reference:YouTube

付箋で伝える愛の言葉

カフェに来たカップル。席を立った彼を待つ彼女に、なぜかその彼から1本の電話が。「外を見て。ビルのガラスを見て」と言われ、ふと隣のビルを見る彼女。すると明かりがつき、何か始まります。それは沢山の人が作る『付箋文字』。徐々に文字が浮かび上がるにつれて、彼女の頬には涙が流れます。沢山の人が沢山の付箋で作った大きな愛の告白。一生忘れないプロポーズとなりました。

Reference:YouTube

もう一度再生します

結婚式では定番である両親へ感謝の手紙。しかし、その手紙の届け方が少し違います。「それでは新婦からのお手紙です」その司会の方の声で現れたのは、幼い頃の息子と娘でした。『震災で写真も思い出の品も全部流されちゃって・・・』新婦さんのそんな一言から始まったこの“手紙”。思い出の物は失っても、繋いだ過去の記憶はいつまでも心の中に。

Reference:YouTube

7,000km離れた父の想い

最後は西島編集長の作品も。海外で挙式をあげる1組のカップル。2人の家族、友人が参列する中、結婚を頑なに反対していた新婦の父の姿だけはそこにありません。1人で歩くバージンロード、空いている席、挙式が進んでも新婦の顔は晴れません。そこに1つのサプライズが。最後まで祝福できなかった、父の後悔。本当は伝えたかった、娘への想い。離れて気付く、娘・父の大切さ。例え離れていても、家族の絆は切ることはできません。

Reference:YouTube

涙の瞬間

嬉しくて涙が出る、というのは人生でもそう多くない。その大切な瞬間は、かけがえのない大切な人と一緒に共有したいと思うものです。あなたの大切な人を想いながらこのムービーたちを見ると、また違った見方ができるのではないでしょうか。

以上、結婚をテーマにした感動ムービー5選でした!!

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOP