Twitterの使いかたのヒントは、バーにあるのではないだろうか

加藤広大 加藤広大


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bar_twitter_eye

恵比寿の某バーで酒を飲んでいたときに、ふと気が付いた。

「ここは、リアルTwitterだ」と。

私はついに自分の頭がSNS脳というやつになってしまったのか、もう猫動画を見て「うふふ、猫、うふふ」としか言えないほど細胞が破壊されたのかと不安になりながら、周りに意識を集中させた。

リアルTwitter疑惑を確かめるためである。

音楽の話をしている人がいた。楽しそうにフジロックの話をしている途中で、「最近のアーティストはわかんねえんだよなあ」と知らないおっさんに絡まれていた。面倒くさそうである。

映画の話をしている人もいた。大きな声で「ラ・ラ・ランド」の批判をしている途中で、横にいた女性2人組が「ラ・ラ・ランド超良かったぁー、もう感動しちゃってぇ」と話はじめた。目の前のバーテンダーは苦虫を噛み潰したような顔をしていた。面倒くさそうである。

「これ、Twitterで見たことあるやつだ」

まさかと思い、店内でTwitterを開きタイムラインを確認してみたところ、バーと同じ状況がネットの世界で繰り広げられていた。みんなそれぞれ呟いたり、会話したり、喧嘩したり、煽り煽られしている。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP