小説『伴走者』刊行記念【対談】田中泰延のいい黄身だ

田中泰延 田中泰延

LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

小説『伴走者』刊行記念
対談:浅生鴨×田中泰延

 

青年失業家を名乗る無職の僕が映画や音楽、本などのエンタテインメントを紹介していくコラム。それが、「田中泰延のエンタメ新党」です。それだ。それです。それなんです。

 

なんですが、更新が遅い。いや休載じゃないです。そんなキューサイとか青汁とか言わないでください。そこで、「街角のクリエイティブ」編集長・西島知宏氏からのパワハラ的な命令で、対談なら何とかなるだろうということで始まりました、
 

【対談】「田中泰延のいい黄身だ」。
 

今回は、3月1日に講談社より刊行された小説『伴走者』を中心に、作者・浅生鴨氏にお話を伺いたいと思います。
 

 

小説集『伴走者』は、「夏・マラソン編」と「冬・スキー編」からなり、視覚障がいを持つスポーツ選手の目の代わりとなって一緒に競技に取り組む“伴走者“を描く作品ですね。

私、今回お話を伺うにあたって2度、拝読しました。

作者の浅生鴨さん、ようこそいらっしゃいました。この小説と、さらにここまでの作品、また“書く”という行為についてお聞かせください。浅生さん?

浅生鴨さんの素顔

あそうさん
 

・・・誰?

 

あそうさんたなかさん
 

あそうさんたなかさん2
 

こんにちは。浅生鴨です。

 

かもさん10
 

鳥類と対談する話は聞いてない。

 

あそうかもsなn3
 

ふだんからこうなんですが。

中の人でおねがいします。

 

かもさん3
 

中の人などいない。

激しく首を左右に振ったぞ。

 

あそうかもさん4
 

かもさん5
 

おっ。脱ぐのか。

 

かもさん6
 

かぶるんかい。

 

かもさん7
 

夜道で会いたくない。

息がしにくいので脱いでもいいですか。

脱ぐんかい。

 

かもさん8
 

ここまでの段取りがものすごくめんどくさかったですが、よろしくおねがいします。

浅生鴨です。

知ってますから。

めんどくさい手続きを経て

かもさん11
浅生鴨 あそう かも

1971年兵庫県生まれ。作家、広告プランナー。

2009年、NHK職員時代に開設した広報ツイッター「@NHK_PR」の「中の人1号」として注目を集め、『中の人などいない』が出版される。

2013年「群像」で発表した短編『エビくん』で小説家デビュー。2014年にNHKを退職、執筆活動を中心に広告やテレビ番組の企画・演出を手がける。

SFジュヴナイル小説『アグニオン』、短編小説集『猫たちの色メガネ』に続き、小説集『伴走者』が刊行された。

最近、Amazonにかぶりものの新バージョン(ブラック)をおすすめされた。

さて、鴨さん。今日は、小説集『伴走者』の出版にあたって、ここまで書かれてこられた小説や、書くことそのものについてお聞かせください。

 

かもさん12
 

今日はヌード撮影はありますか。

ないです。

磨いてきたのに。

 

かもさん13
 

だいじょうぶですか。

こっちが言いたい。

 

かもさん14
 

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP