僕と嫁と引越しと【連載】嫁公認コラム

5歳【嫁公認アカウント】 5歳【嫁公認アカウント】


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

秋に賃貸の更新がやってくる。

この家に引っ越してきて4年。

すこし古い一軒家だけど、僕にとってはかなり居心地の良い住まいだ。子供達も気に入っている。

しかし更新の通知が来て、嫁はそわそわし出してこう言い始めた。

「ねぇ、そろそろ引っ越しとかしてみない?」

僕は今のままで全然いいのだけど、嫁がそう言うなら、嫁の望みを叶えるのが僕の使命だ。

その日から引っ越しに向けて僕は動き始めた。

更新の手続きまで日が迫っていたので高速で色々な事を片付けなくてはいけない。とりあえずお嫁様に引っ越しするにあたって条件を聞いてみた。

・3LDK

・マンション

・対面キッチン

・綺麗なトイレ

・広いリビング

・広くてオシャレなお風呂

・防音

・ウォークインクローゼット

・虫が出ない

・パート先から近い

・小学校が近い

・保育園にも近い

パッと出て来た条件がこれだけ・・・。

 

僕は心の中で思った。

 

「これは果たして見つかるのだろうか?」

 

「見つかったとして家賃は大丈夫なのだろうか?」

色々と不安材料はあったけど、こんな事考えていても始まらない。行動あるのみ。まずは不動産サイトを片っ端からみた。辛うじて二件ヒット、うち一件は予算オーバーなので一件に早い段階で絞られた。さっそく不動産屋さんに連絡して内見させてもらう事にした。現場に行くとほぼ嫁の出した条件に合うマンションだった。日当たりも良く目の前には公園、ちょっと先には保育園と小学校。息子達も「ここに住むー!!」とはしゃいでいる。気に入ったようだ。

これは文句無しだな、と思いほぼ僕の中では決まりかけていた。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP