もしも三人のアホが地球温暖化問題を解決しようとしたら

上田啓太 上田啓太


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

われわれ人類は多くの問題を抱えている。

たとえば地球温暖化である。これは問題である。しかしまじめに考えると大変である。専門家の意見を読んでいると頭が痛くなる。面倒になって酒を飲んで眠りたくなる。酒を飲んで寝てしまえば、翌朝には解決してるんじゃないか?

もちろん解決していない。まあいい。どうせ偉いやつらがなんとかするだろう。偉いやつらはそういうことをなんとかするから偉いのである。私は地球温暖化とか知らん。エコバッグ使ってるしそれでいいだろ。もう寝る!

私はそんな人間である。

しかし、ノリと勢いだけで地球温暖化を解決しようとする人間を見てみたい。だからひとつの物語を考えた。三人の男が、地球温暖化を解決しようと頑張る。ひでつぐ、まさつぐ、しげつぐという三人の兄弟である。三人は完全なるアホである。しかしアホなりに頑張るのである。

私は、この三人に夢を託したい。

三兄弟が地球温暖化を知る

ひでつぐ、まさつぐ、しげつぐの三兄弟は、これまでノリと勢いだけで生きてきた。しかし今、地球温暖化という事実を知って、わけもなく胸が熱くなった。地球に助けをもとめられた気がした。僕たちはいつも地球を踏んでいた。なのに地球は文句のひとつも言わなかった。その地球がピンチだ。僕たちは立ち上がらなければならない。

こうして挑戦がはじまった。三人はさっそくリサーチを開始した。地球温暖化の原因は何だと思いますか! 道ばたで通行人たちに尋ねてまわった。大半の人間は無視をした。馬鹿には関わらないと決めていたからである。しかし、気のいい一人の老人は答えてくれた。

「よく知らんが、二酸化炭素が問題だとかいうわな」

なるほど、とひでつぐは考えた。なるほど、とまさつぐも考えた。二人は二酸化炭素が何なのかを知らなかった。だから「なるほど」とだけ思ったのだ。しかし三男のしげつぐは深い衝撃に打たれていた。しげつぐは三人の中でいちばん賢かったので、自分は二酸化炭素を吐いていると知っていたのである。僕が原因で地球は温暖化している、としげつぐは思った。犯人は自分だった。

「地球温暖化の全責任は自分にある!」

しげつぐは、人類で自分だけが二酸化炭素を吐いていると考えていた。三人の中でいちばん賢いと言っても、しょせんはその程度なのか。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP