広告用語で「赤ずきん」を読んでみた

西島知宏 西島知宏


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むかしむかし、あるところに、いいか悪いかは別として、とても可愛いC1の女の子がいました。ある日、女の子のおばあさんが、赤いビロードのマテリアルで赤い「ずきん」をアウトプットしてくれました。 フィッティングの結果、赤い「ずきん」が女の子にとても良く似合うということで『赤ずきん』としてシェアされるようになりました。

ある朝一のこと、赤ずきんのお母さんは、こうナレーションしました。

「赤ずきんや、おばあさんが急に有休を取ってしまったの。おばあさんは明日競合プレだから千疋屋でメロンでも買ってお見舞いに行ってきなさい。広告業界を志望しているなら勉強になると思うから」

別件バウアーで同行できないお母さんは続けます。

「一点ほどいい? 途中で道草という訴求に引っかかってはいけません。それから、D通マンというオオカミに用心するのですよ。D通マンというオオカミ、いえ、電カミと呼びましょう。電カミはどんな悪い事をするかわからないから、話しかけられたり、CMに出してやると言われても知らん顔をしなさい」

「はい、大丈夫と思います!!」

赤ずきんは、お母さんを安心させるように「Just do it!」 と叫びながら出かけて行きました。

その日は、とてもピーカンで、赤ずきんがニコパチで歩いていると突然、スーツを着た電カミが現れました。

「今度オレ、赤い犬のCMを作るんだけど、赤い「ずきん」が似合うデルモも探してて・・」

電カミはシャツのボタンを3つも開け、いやらしい笑顔を浮かべて話しかけて来ました。 赤ずきんは、お母さんのセリフを思い出しましたが、広告好きの赤ずきんはニコニコしている業界人がとても悪い動物には思えません。

「こんにちは、電カミさん」
「オオカミだよ」
「決定ですか?」
「決定です」
「了解です」

電カミはボタンをもう1つ開けながら続けます。

「赤ずきんちゃん、どこへ行くんだい? スーパーファクトリーかい?」
「いいえ、スーパーファクトリーでも目黒109でもないの。おばあさんのおうちよ。おばあさんが有休中だから、おばあさんちにマッカーを呼んでコンテ作業するの」
「それはいいコミュニケーションデザインだね。おや? その紙袋の中に入ってるのは絵コンテかな?」
「ケーキとブドウ酒よ。早く良くなるように持って来たの」
「なるほどですね。それでどこだい? おばあさんの家は?」
「森のずっと向こう。タクシーで3メーターくらいかな・・」

電カミは考えました。 3メーターといえば汐留から御成門までの距離。おばあさんを食べるためには赤ずきんを足止めしておかなくては・・。

「赤ずきんちゃん。おばあさんの家に行く前に、OB訪問してきなよ。赤い「ずきん」だけでアピールする時代じゃないし、赤ずきんちゃんの自己PRと志望動機、同期を紹介してあげるからブラッシュアップしてきなよ」

赤ずきんは、電カミの言う通りだと思いました。自己PRを掘り下げられれば、広告業界に近づくに違いありません。

「そうね、電カミさん、あなたの言う通りだわ。あたし、OB訪問に行ってくる」

赤ずきんは電カミからタクチケをもらって、逆方向のタクシーに乗り込みました。

さて、赤ずきんと別れた電カミは、おばあさんの家に直行しました。

トントン

「オイシックスですか?」

おばあさんの声がします。

オオカミは、女の子のような声でこたえます。

「赤ずきんよ。ケーキとブドウ酒を持って来たの。オイシックスの人は道に迷っていたわ」
「おや、赤ずきんかい。さあ、セコムを解除するから入っておくれ。おばあさんはテンションがダダ下がりでベットから起きられないからね」
「それじゃあ、無礼講ということで」
そう言いながら電カミはポータルから家に入り、ベッドに寝ているおばあさんに飛びかかりました。

「ぎゃ」

おばあさんは若い頃を思い出して、変な声を出しました。
しかし、顔がオオカミだと分かると怖さのあまり気を失ってしまいました。

電カミは、おばあさんの衣装とずきんを取ると、そのままおばあさんをパックンチョしてしまいました。そして、おばあさんの衣装とずきんをつけてベッドのインナーへ入りました。

その頃、赤ずきんは、ロクに話も聞かず飲みに誘ってくるだけの別の電カミを振り切り、おばあさんの家へと急ぎました。 おばあさんの家に行ってみると、セコムが解除されていたので不思議に思いました。

「どうしたんだろう? おばあさん“セコムしてますか?”が口癖なのに・・」

赤ずきんが家のインナーに入ると、部屋の奥のベッドでおばあさんが寝ています。

「どーもです! おばあさん」

赤ずきんが大きな声で挨拶しましたがリプライがありません。
ベッドに近づいた所で、赤ずきんは、おばあさんのフォルムがデフォルメされていることに気がつきます。 赤ずきんは、おばあさんに質疑応答してみました。

「おばあさん、おばあさんの耳は、ずいぶんと大きいのね」
「お前のナレーションが、よく入ってくるようにね」
「それに目が大きくて、グローしてる。業界人みたいで何だか怖いわ」
「怖がることはないよ。シズルのあるお前を、よく見るためだから」
「それに、おばあさんの手がスケールしていること。おばあさんの手はこんなだったかしら?」
「そうだよ。スケールしないと、お前をグリップすることが出来ないもの」
「それから一番のアテンションが、そのお口。あんまり大きいので小道具かと思っちゃった」
「そうとも。お口が大きくなくては、お前を・・・」
「・・・お前を?」
「食べられないからさ!」

電カミはそうナレーションすると、赤ずきんをエイヤで飲み込んでしまいました。
電カミはお腹が大きくなったので仮眠しました。

しばらくして、いつもこの森で狩りをしている猟師が通りかかりました。

「おや? おばあさんのいびきのメロディがいつもと違うな」

猟師が家に入ると電カミが寝ていました。
鉄砲で殺してしまおうと思いましたが、そこは「think different」、食べられたおばあさんが、お腹の中で「日清SURVIVE」しているかもしれません。

大きなハサミで電カミのお腹をジョキジョキ切ってみました。
するとまず、赤いずきんが見え、女の子がCMの演出のように飛び出してきました。

「ああ、ビックリした! 電カミのお腹の中って、ライティングされていないんですもの」

続いておばあさんが出てきました。そして、赤ずきんにナレーションしました。

「庭にある石をたくさん持って来ておくれ。この羽賀研二のような希代の悪をこらしめてやらないとね」

おばあさんは沢山の石を電カミのお腹に詰め込んで、お腹を針とテグスで縫い合わせました。
しばらくして、やっと目を覚ました電カミは喉が渇いて近くの川に行きました。

「お腹が重い。少し食べ過ぎたかな?」

電カミが川の水を飲もうとしたとたん、お腹の石の重さにバランスを崩して、そのまま川にドボンと落ちてしまいました。

悪い業界人がいなくなって、マスはひと安心。

「ああ、怖かった。これからは二度と汐留方面には立ち寄らないわ」

赤ずきんは、そう自分にモノローグし、幸せに暮らしましたとさ。

おしまい

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP