職歴なんかなくても、自信まんまんでいれば面接に受かるのでは?

上田啓太 上田啓太


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職歴なし。

面接を受ける際、これは非常にまずいことだとされている。履歴書の空白部分を面接官に突つかれる。一体、いままで何をしていたのか? そう問い詰められて、オドオドしてしまう。そんなイメージは広く共有されている。

しかし、職歴がなかろうが、堂々としていれば意外とイケるんじゃないのか。むしろ卑屈になってしまうことが問題なのではないか。圧倒的な自己肯定感さえあれば、職歴など一切なくても、面接には受かるんじゃないのか。これが私の仮説である。

以下、イメージトレーニングの結果を報告したい。

入室と挨拶

まずは面接時の服装だが、スーツの上に真紅のマントをはおっていく。頭には王冠である。イメージとしては、ビジネスマンと帝王の融合だろうか。自信まんまんでふるまうには、見た目も重要なのである。

そして、面接にはわざと15分遅刻していく。もちろんオドオドしてはいけない。背筋を伸ばし、堂々と、祖国に凱旋する気分で、ゆっくりと入室する。面接官は三人である。もちろん不機嫌である。私が遅刻したからである。

「13時からの予定でしたが?」

嫌味たっぷりに言われる。ここで一言である。

「ヒーローは遅れて登場するものでしょ?」

そして、すっと手を差し出し、握手を求める。

「祝福しますよ、僕という人材に出会えたあなたたちを」

これが冒頭の一発である。それで着席となるのが通常の流れだが、ここでは、自分のために用意されていたパイプ椅子をていねいに折り畳む。帝王はパイプ椅子になど座らないからである。当然のように折り畳んでしまえばよい。それから面接官の目を見つめて言う。

「すみませんが、玉座以外は受け付けない体質ですので」

そしてマントをひるがえす。この後の面接は、腕を組んで仁王立ちのまま進行すると思ってほしい。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP