優秀なライターが持っているもの【エア対談】田中泰延のいい黄身だ

田中泰延 田中泰延


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふだん広告代理店でテレビCMのプランナーやコピーライターをしている僕が映画や音楽、本などのエンタテインメントを紹介していくコラム。それが、「田中泰延のエンタメ新党」です。それだ。それです。

それなのです。なのですが、更新が遅い! そこで、「街角のクリエイティブ」編集長・西島知宏氏が重い腰を上げ、対談なら何とかなるだろうということで始まりました、

【エア対談】「田中泰延のいい黄身だ」。

いや、ほんとうにこのタイトル、さっぱり意味が分かりませんけど、西島さんが決めましたし、僕は反論しません。編集長には逆らえないのが資本主義なのです。かつて僕と西島編集長は、同じ会社の先輩後輩の間柄でしたが、いまは編集長と原稿の遅いライターという関係になり、立場が逆転しています。社会の階層というものをしみじみと感じる出来事です。

たとえ自分が間違っていても後輩には繰り出すことができた必殺技
「お前、平成何年入社や?!」はもう使えないのです。

さて、社会問題に提言したり、トランプ政権に関して論ずるのはこれぐらいにして対談を始めたいと思います。


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/013.jpg

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

田中泰延
はい、始まりましたね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

西島知宏
小野はオブザーバー的にお菓子を食べながら見ておりますので、ご安心下さい。

 

編集部・小野
ブルボンのアルフォートが好きです。それと、今回の対談はチャットキャストという会話型記事作成サイトを利用してください。それから、アルフォートはリッチミルクチョコが好きです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

泰延さん、まず今回の対談に関してです。そもそも、何でこんなに分かりづらいツール(チャットキャスト)を使うんですか?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

あんたが使えというたからや。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

そうでした。では始めます。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

もう始まっとるがな。ていうか画面越しにキーボードで話し合ってるのに、写真はまるで大阪・北新地の「木曽路」の個室でリアルに対談してる風ですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

それは半年前に大阪・北新地の「木曽路」の個室で対談したときの写真の使い回しですし、泰延さんが勝手に写真を貼ってますよね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

すき焼き定食が食べたいです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

知らんがな。さて、この【エア対談】「田中泰延のいい黄身だ」は泰延さんの街クリの連載を月1で確保するため、映画コラムが書けない場合に実施するプランB的な企画です。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

大事ですね。プランB。
たとえCカップでなくても納得するためのやつですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

下ネタですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

まだそんなに下まで行ってません。カップの話はどちらかというと上の話です。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

はい、その通りです。それでいいです。さて、適当にテーマを決めてサクッと東京と大阪で話しあう企画の第一回は「優秀なライターが持っているもの」にしました。これは泰延さんがコピーライターもやられて、最近は街クリそっちのけでネットで記事を書きまくられているので、ネットと広告における向き合い方の違いなどをまずはお伺いできればと。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

「そっちのけ」とは心外な。あちこちから記事を書いてほしいというお話が来て、断り方がわからなかったんです。で、この「優秀なライターが持っているもの」ってテーマ、西島編集長には痔瘻があるそうですね。間違えた、持論があるそうですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

持論と言っても大した持論ではないのですが、私もネットでちょろっと文章を書いている手前、優秀なライターとそうでないライターの違いについて、考えることがあるんです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

ふむふむ。

 

共通項を発見できること

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ひろのぶさんが以下のツイートでも仰ってた

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

あ、うんちくとうんちくんは違うって話ですね。
これね、「うんちくとうんちくんは違う」てよく言うんですけど、
別にギャグでもなくてですね、
「蘊蓄(うんちく)」はやはり、仕入れがあって、蓄積の上に溢れるものなんですよ。文字通り。
「うんちくん」は、垂れ流しなんですよね。文字通り。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど、下ネタ被せですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

たしかにBカップ地点からはだいぶ下がってきました。重力に逆らわずに話をしていると、自然に下ネタになるんです。
 
僕、これに関しては、こうも書いてました。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど。ひろのぶさんや、他の優れた文章を書く人のモノを見ていると「調べること」もそうですが「知っていること」→「共通項を発見できること」→「普遍的価値、方法論として提示できること」が重要だなと改めて思うのです。

例えばこれは、エンタメ新党の「神々のたそがれ」の回の一節なのですが、

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/023.png

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

これな。「その話はまたいつかしようと思います。」って言って一生しないやつな。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

そのうちしてください。たぶん、「神々のたそがれ」を見て「ガンダム」との共通項を、ほとんどの人は見いだせられないわけなんです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

そこが評論というものを書くにあたって楽しいけど難しいところなんですよね。それを読んで、これ「牽強付会」だよ、って言われたら終わりですからね。「牽強付会けんきょうふかい 」の意味は要するに「こ・じ・つ・け」です(笑)。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

そこで、強引だと言われない、他人を納得させて感心させる。それができる人がコラム的長い文章を「書ける」人なのではないかと。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

不思議なことに、「ガンダム」を夢中で見ていた中学生の自分は、何十年の後に、これがロシア人が創った映画と脳の中で「つながる」とは思っていません。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ふむふむ。

 

「仕入れ」が出会いを作る

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

これね、大事な話しますけどね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

さっさとしてください。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

それが「モテる」ってことなんですよ。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

???

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

いや、異性間の付き合いでも結婚でも、友人ができるのでも、それ以外の、「人と人がつながること」に共通するんですけど、なにかの「仕入れ」が、何年後か、何十年後かに他人と響き合ったときが「出会い」なんじゃないかと。
ある写真家との出会いを話しましょう。
彼は、この夏、還らぬ人になってしまったんですけど。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

はい。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

初めて出会った時、彼は私に心を開いてくれませんでした。彼にはある有名な俳優の肖像を撮ってもらったのですが、仕事の流れで、私は写真のプロである彼に「デジタルデータで撮影した画像を送ってくれ」と頼みました。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ふむふむ。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

すると彼は
 
 
「デジタルデータ? そんなものは渡せません。それはただのデータです。それはあなたが今言ったように【画像】です。印画紙に焼いたもの、そして人の感情と記憶に残るように僕が精魂こめたもの、それが【写真】です。」

と言いました。

そこでわたしは、ぽろっと一言

「デッカード」

と言ったんです。

すると彼は

「デッカード!!! そうだよ!! デッカード!! あなたとはずっとこれから仕事をしよう」

と言って私の肩を抱いたのです。おっさん同士ですけど。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

デッカードって「ブレードランナー」のですか?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

はい。そうです編集長。


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/034.png
出典:amazon

リドリー・スコット監督の映画「ブレードランナー」の主人公、デッカードは(おそらく)、レプリカント(人造人間)という設定なんです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

映画「ブレードランナー」のお話は、前の対談でも仰ってましたね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

ハリソン・フォード演ずる主人公デッカードは、ニセの記憶、だが彼にとって愛しい記憶を植え付けられているんです。それは彼の部屋の古いピアノの上に、モノクロの、ぼろぼろになった家族の写真で表現されます。


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/042.jpg
出典:「ブレードランナー」

わたしは写真家の「印画紙に焼いたもの、そして人の感情と記憶に残るように精魂こめたもの、それが【写真】です」という言葉で、30年前に観た映画のワンシーンを思い出したんです。

鬼籍に入った写真家の名前は、宮本敬文といいます。その日以来、大切な友人でした。


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/061.jpg
出典:「ブレードランナー」

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

そんなことがあったんですね。それが、「仕入れ」が人間と人間をつなげる作用で、そしてそれは男女間に限らず「モテる」って現象で、魅力的な文章にもそれがあると。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

だと思うんですよね。そんな奇跡でできてるんじゃないんですかね、人生は。

 


http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/071.jpg
 
 

魅力的な文章とは

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ひろのぶさんの職業と、コラムとの関係性を伺いたいです。ひろのぶさんが長い文章を書くようになって、広告コピーと向き合い方の違いなどありますか。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

かつて、広告コピーは長い文章のものがたくさんありました。いまはあまりみかけませんね。なので、わたしが長い文章を書くようになっても、あまり引き合いがないというか。

向き合い方の変化としては、「おれ、広告に向いてないんじゃないか?」って感じが(笑)。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど。ある編集者が言ってたんですが、今はみんな見るものが増えたから、ネットの文章でも、書籍でも「本当に魅力的な文章」しか人は時間をかけなくなったとのことです。

個人的にひろのぶさんの文章はネットで見かける数少ない本物の文章であると思います。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

なんと過分なお言葉。なら今後はもうすこし原稿取り立てをやさしくしてほしいですね。

まぁ、本物、偽物、と言う話になると、文字になってるものはすべて偽物なんですけどね。すべての地図は、現実の地形を抽象化したもんだという話と同じで。でもこれはまた別の話です。

それにしても、見るもの増えましたよね。私も本を読む時間が激減して、これが問題だと思います。先にも言ったように、いま、わたしにささやかな出会いや、自分自身が楽しくなる思考をもたらしているのは、30年前、20年前に仕入れた、小説や、評論や、映画や、詩や・・・いまスマホを見るだけの毎日だと、20年後30年後生きていても、楽しいことが枯渇しているのではないか、そんな恐れを抱いています。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど、確かにそうかもしれませんね。さっきのデッカードの話とは別ですが、優れた文章が持っている「特定の要素」などあれば教えて下さい。ひろのぶさんが「この文章はすごい」と思うものにあるもの。

 

文章の「静か」さについて

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

最近、ある人の、なんてことないブログを読んでいて思ったのですが、

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

まさか僕の書いた「鶴の恩返し」じゃないですよね?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

もう、まったく全然違います。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

見解の相違がありますが、お聞かせください。いい文章とは?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

いい文章は、「静か」である。ということです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど、表現しようとしていないということなんでしょうか。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

いい文章とは、目的を達成するために書かれたものではないこと。
もちろん政治的な目標を達成するための檄文も、思想的に啓蒙を進めるための名文もあります。ただ、しかし、それはあくまで用途のある巨大な建造物のようなもの。広告文もそうですよね。ある目的を達するためのもの。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

はい。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

それに対して、「静か」な文章とは、書いている時、時間と、目的地から切り離されたもの、そしてそれを読む側も切り離されるものではないかと思ったんです。

ウケたい、とか、話題になりたい、とか「面白い話やろ! 読んで!」とかでもない。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど。文章がただそこにある、と。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

いい文章は、水のように流れてきて、静かにグラスを満たし、その読後感は、無味無臭で、透明なもの。

なかなか難しいですけど。

しかし、ある目的をもって書かれたはずなのに、結果的に上記のように【いい文章】になることもある気がします。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

「静か」ってリアルとはまた別なんですかね? クリント・イーストウッド監督の「ハドソン川の奇跡」を観ていて思ったのですが、助かった親子も、管制官も、公聴会がうまくいった時も、誰も歓喜しないんですね。人は本当に驚いた時は歓喜できないわけで、そこを映画という表現物だからといって温度を上げない。これがリアルなんだな、凄いな、と感じたんです。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

ああ、それは「節度」なんですね。「静か」に書くためには、筆のほとばしりや、激情を注意深く避けなければいけない。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

クリンとイースとウッドの三人組、さすがですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

そのギャグ、ひろのぶさんから聞くの20回は超えてます。

 

そのままは「リアル」ではない

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

西島さんのおっしゃる「リアル」に関して思い出しました。

わたし、ある作家先生、まさに老大家のお宅に何年も通う経験をして。いわゆる「師事」なんですけど。

でも文章を読んでもらうことは一切しなくて、ただ、お話を聞いて酒を飲む、ということを何年も続けたんですが、あるとき先生が言いました。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なんと?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

「あのな、あったことをそのまま書いたら終わりやねん。あったことをそのまま書くほど落ちぶれたらアカン

と。

その作家先生は、田辺聖子さんといいます。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ジョゼトラ! 『ジョゼと虎と魚たち』、好きな小説です。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

はい。大先生ですね。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

田辺聖子さんのお話、面白いですね。あったことをそのまま書かないこととは、視点を増やすということなのか、どういう意図なんでしょうか。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

はい。さきほどの「静か」「節度」とまるで逆のようですが、そうでもないんです。

「リアル」というのは、「リアル」に感じさせる手の動きがないと、表現としての「リアル」ではないんですね。

あったことをそのまま書けば「静か」に伝わるかというと、そうではない。文章を静かに感じさせるというのは、かなり高度な精神作用と技術なんですね。実社会というのは人の声も、街の動きも、人間の心も、比喩的な意味で、「騒がしい」ですから。

それを、「少し経った時間と、少し下がった距離」で捉え直さないと、文章は「騒がしい」だけで、かえってリアルには感じられない。

田辺聖子さんは、その技術に注力しないこと、失われることが、ものを書く人間として「落ちぶれる」と表現したんだと思います。

それは、さっきの写真家・宮本敬文さんの「ただのデータは【画像】です。印画紙に焼いたもの、そして人の感情と記憶に残るように精魂こめたもの、それが【写真】です。」の話と繋がります。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

面白いなー。要はそこにあるもの以上の何かがないとリアルが他者には伝わらないんですね。

最後に!

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

はい。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

ひろのぶさんに是非「ボブ・ディランのノーベル文学賞」について伺いたかったんですが、率直にどういう感想を持たれてますか?

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

あいつ、電話しても出えへんねん。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

なるほど・・・それだけかい!

女子高生の間で「彼氏がボブってる」
っていう言葉が流行ってるようです。「電話にでない」という。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

ボブなあ、あいつ、だいたい「行けたら行く」しか言わへんし、
飲み会誘っても「友よ、答えは風に吹かれている」とかわけわからんねん。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

いやあ、興味深い話を伺いました。

ひろのぶ・・・まじめか。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

お前、平成何年入社や。

今日はとてもいいこと話しました。

機会をくださり、西島編集長様ありがとうございました。
機械の身体をくださり、プロメシューム様ありがとうございました。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

999。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

メーテル。

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/UWAjfbWq3XxXqhk1479982459_1479982465.png

鉄郎。(はよ終われ)

 

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/tanaka.png

(お前、平成何年入社や)

 

終わりに

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/08.jpg
 
まあとにかく日々、何かを書いてご飯を食べたりトイレに行ったりして生活している僕と西島編集長ですから、「書くとはどういうことか」について話したいことはたくさんあります。

そんなこんなで、映画評論「田中泰延のエンタメ新党」がおやすみの時は、へんしゅちょに限らず、この、【エア対談】「田中泰延のいい黄身だ」の場で、いろんな方とお話をしてみたいと思います。どこからでもかかってこい。

では、さえりさん風に締めくくりますので次回をお楽しみに。

それではみなさん、またね〜!

街角のクリエイティブ ロゴ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP