『スレイヤーズ』の呪文を英語で唱えたい!【連載】トイアンナの超人気マンガ英語塾

トイアンナ トイアンナ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、トイアンナです。有名な漫画作品から名言をピックアップして英訳し、語学を学びながらあの頃をもう一度する本シリーズ。前回『BLEACH』で作者のポエムを英訳したところご好評いただいて、気付いちゃいました。

もしかしてみんな、自分が中二だったあのころ夢中になったセリフを「声に出して読みたい」のではないでしょうか?

そこで今回は、1970年代から90年代生まれのアニメファンへヒアリング。若かった当時つい詠唱してしまったあの恥ずかしい呪文をピックアップして英訳します。英語も青春も併せてあなたの中学時代を思い出してください!

スレイヤーズより『ドラグスレイブ』

アニメブームの火付け役となった名作『スレイヤーズ』。原作は2,000万部以上の発行部数を記録したライトノベルで「ドラゴンもまたいで通る」と有名な自称・剣士にして美少女天才魔道士。人間が扱える最高の魔法「ドラグスレイブ(竜破斬)」を使いこなします。

アニメで「必殺! ▲▲▲▲▲!」みたいな決めの叫びは今まであったものの、これだけ長い呪文を決め技として定着させたのはスレイヤーズからでしょうか。主人公であるリナの声優を担当した林原めぐみさんについてオタクの友人へ質問すると「今いる全ての声優を足してようやく対等に戦えるくらい、当時すごかった」とのことで、中の人もどうやら最強のようです。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP