(1)女だけでハ〇ニングバーに行ってみた!【連載】外資系OLの大人社会科見学

トイアンナ トイアンナ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何かエロいことが起きるバーがあるらしい」と聞いたのは数年前。キラキラ女子大生の友人は、そんなハ〇ニングバーの常連でした。ハ〇ニングと聞いても煙幕が立ち込めるとか、後ろからゾンビに襲われることしか想像できなかったウブな私は「へー」とよそ事として流してしまったのを覚えています。

そして数年がたち、キラキラ女子大生だった友人はバリキャリOLに成長。2人とも、立ち飲みができる年齢とたくましさを備えました。久しぶりに再会してから日本酒でほろ酔いの三合目、彼女がふと思い出したように呟きました。

「そういえばハ〇ニングバー、一緒に行ったことなかったよね?」

マイスターが語る魅力

「そりゃ、普通はハ〇ニングバーなんて行ったことないでしょ」
と笑って返す私に、「ぜひ1度は行っておいたほうがいいよ!」と熱く語る友人。そういえば卒業後も足しげくバーに通っている様子。マイスターかよ。
でも、10代だったあの頃とは違うアラサーBODY。エロを求める心なんてとっくに死滅しています。その手のショップでも般若心経を唱えられるくらいに心は枯渇していました。誰だよ女子の性欲は30代でピークに達するなんて言った奴は!

「いや、絶対経験した方がいい。だって、ハ〇ニングバーはすごいんだよ?」

「何が?」

「3,000円払えば年間飲み放題なの」

「行きます」

こうして、私のハ〇ニングバーデビューはアッサリ決まりました。

年間飲み放題にはわけがある

ハ〇ニングバー、通称ハ〇バーにはとんでもない共通点があります。「女性は安く入れて、男性は高くつく」という点です。

たとえば某店を調べたところ、女性は1,000円飲み放題。対して男性は入会金と入場料、合わせて2万円ほど支払います。こうでもしないと女性が集まらないってことなのでしょうが、世知辛い料金設定です。

また、カップルで入店すると男性料金がいくらか割引されるため、初めての男性はカップル入店がオススメとのこと。でも、女性一人ってふつう怖くて入れないんじゃ? と質問してみたところ「女性一人客もいっぱいいるよ~?」と語るハ〇バーマイスター。

「え、だって男性客に囲まれたら怖くない? 相手酔っぱらってるんでしょ?」

「そういうことさせないために、男性は集団で入れないんだって」

なるほど! 確かにどのハ〇ニングバーを見ても、男性は「女性と一緒にカップルで入る」か「一人で入る」ことしかできません。「よく男子みんなで行きたいんだけど、ハ〇バーについて教えてよって相談受けるんだけど、そもそもお前ら入れませんから!」と力強く断言するマイスターに、私は頼もしさを覚え始めていました。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP