旅の快適さアップ!バックパックをダウンサイジングさせる方法

旅人マリーシャ 旅人マリーシャ


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、サラーム(こんにちは)。現在、中東周遊中の旅人マリーシャです。

突然ですが、私は世界一周する旅人の中でも荷物がすこぶる小さい方。荷物を小さくしている理由の一番は、チビなのでなるべく荷物を軽くしないと背中に担げないからです。それからもうひとつ、基本的に飛行機に荷物を預けたくないからです。

近年では、LCC(格安航空会社)が一般的となり、これまで陸路で周っていた旅人たちもガンガン飛行機を使えるようになりました。なので私も飛行機に乗りまくっているのですが、そこで問題となるのが荷物。

LCCに関しては別途で預け荷物を追加することが出来ますが、それをやってしまったらLCCの意味がなくなってしまいます。それに、私の場合なぜか荷物を預けた時に限って飛行機トラブルに遭い、必ずと言っていいほどロスバケ(バッグ紛失)に見舞われるのです。

なので、私はバックパックの旅で飛行機に荷物を預けることをやめました。いつも機内持ち込みにしていますが機内持ち込みは本当に良いです。荷物を預けたり、受け取ったりする時間を短縮できるし、ロスバケの心配がありません。(100㎖以上の液体を運べないことや、お土産を増やせないことがマイナス点ではありますが・・・)

しかし、飛行機の機内持ち込みサイズというのは多くの航空会社が7kgまでとか、3辺足して115㎝までなどの設定をしていてサイズが限られています。なので、荷物のサイズを小さくすることが必要不可欠なのです。

コツ1:NO タオル

さて、実際の荷物の減らし方ですが、まずこれが一番のオススメです。
「タオルは持たず、手ぬぐいを持て」

手ぬぐいの便利さについては以前も書かせて頂きましたが、ネタ切れでまた同じことを書いているわけではありません。今もなお旅をしている私は改めて手ぬぐいの良さを感じ、省スペースにつながるということを実感しています。

タオルは旅の必需品のようにも思えるが、実際バッグに入れてみると意外にもなかなかのスペースをとります。バスタオルなんてもってのほかでフェイスタオルのサイズでも意外とかさばってしまうのです。

それに比べ、手ぬぐいのようなペラッペラの布きれはかなりのスペースを作ってくれて、なんならその分のスペースに私は小さな海外対応ドライヤーを入れています。

そりゃあタオルの方がしっかり拭くことが出来ているのですが、タオルは宿泊先の宿についていることが多いし、たまにないところでは手ぬぐいで十分事は足りると思います。

「拭く事」に快適さを求めるのであれば手ぬぐいでは間に合いませんが、それよりも荷物を少なくして「旅」に快適さを求めるのであれば、絶対に手ぬぐいが必要です。

黄色ボーダースタイル

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP