胡散臭すぎる「信用できない言葉」20連発

加藤広大 加藤広大


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sinyou_no

ちょっと街を歩いたり、ネットや本を読んでみたならば、世の中には「清純派セクシー女優」「今だけ半額」「信頼できる情報筋」など、なんだか信用ならない言葉がたくさん存在することに気付く。

本コラムでは、そんな「信用できない言葉」を21個ほど見繕って突っ込んでみることにする。どれもどこかで見かけたり、実際に自分が人生で言われた言葉である。

春から社会人になる方などにおいては、社会の荒波に出るための参考資料となれば幸いであるし、もうすっかり心も汚れてしまった大人たちにおいては、あるあると楽しんでいただければとても嬉しい。

世の中で見聞きした「信用ならない言葉」20連発

1. 実印貸してくれ。大丈夫だから

「俺が◯◯やってといてやるから、実印貸してくれ。大丈夫だから」

と親戚のおじさんに言われたことがある。完全に信用ならない。どう考えても信用ならない。しかもおじさんはアル中だったものだから、さらに信用ならない。

判子関係の貸し借りは、若い方は特に気を付けて欲しい。実印は例え親でも貸してはいけない。

2. 通帳だけ貸してくれ

「広大くんいろいろ大変でしょう〜。お金入れてあげるから通帳だけ貸してくれない〜?」

とは、ネットワークビジネスを営む親戚のおばさんからいただいたお言葉である。もちろん断った。

「今の日本と世界がいかにヤバいか、私の先生に聞いてみない?」

「とってもいいお茶があってね、癌とか治っちゃうのよぉ〜!」

と、薬事法を完全に無視したパワーワード満載の誘いもいただいたが、もちろん断った。

3. 信頼できる情報筋

情報筋が明かされない時点でまったく信用できない。漢字と画数が多めなので、ついつい考えなしに受け入れてしまいがちだが、これって要は「知り合いの話」である。カフェで女の子同士が

「マリちゃんがぁ〜、マブダチの北朝鮮軍関係筋から手に入れた情報によるとぉ〜」

「ビビンパー!」

などと会話しているのを想像して欲しい。どれだけ胡散臭いかお分かりいただけるかと思う。同じく「事情通」なる言葉もあるが、これまた信用できない。

4. 清純派セクシー女優

信用ならない、というよりは何だかモヤモヤする言葉の筆頭である。清純は良い。だが後についている「派」が分からない。そもそも清純「派」とは何なのだ。

「清純」とは、けがれなく純真であることである。「派」とは主義、思想、態度などを同じくすることによってできた集団や仲間のことで、それらの流れや仲間を表す語の下について、それがひとつのまとまった組織・傾倒や傾向を持っていることを示すのにも用いる。と辞書に記してあった。

となると、清純派セクシー女優とは、汚れなく純真な思想を同じくしたセクシー女優の集団を示す言葉なのだろうか。余計わけが分からなくなった。なんだかモヤモヤする。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP