ジョジョ、鋼の錬金術師。今年は漫画原作の実写映画化ラッシュだよ!

神えみし 神えみし


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:映画『銀魂』公式サイト

ここ数年、漫画を原作にした実写化映画が本当に増えました。現代を舞台にした青春モノ画や恋愛モノの実写ならまだ違和感なく観られますが、人が空を飛んだり、この世に存在しないモンスターが現れたりするファンタジー系の実写は、登場人物たちの衣装も「これコスプレ!?」というレベルのものでなんというか・・・いろんな意味で観ていてちょっぴり切ない気持ちになりますね。

そして例年の通り、今年も様々な漫画原作が実写化されます。ということで、その中でも原作がファンタジー系の映画を5作品ご紹介します。

無限の住人

Reference:YouTube

『月刊アフタヌーン』にて1993年6月から2012年12月まで連載された沙村広明先生の時代劇漫画で、1997年に第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。2008年にはテレビアニメ化されており、今年2017年に満を持して実写化されます。しかも、主演がなんとあの元SMAPの木村拓哉さんです。

木村さんは過去にも「忠臣蔵1/47」や「武士の一分」といった時代劇で武士役を演じてきました。しかし、今回の無限の住人はこれまで木村さんが演じてきた時代劇と少々異なります。というのも、『無限の住人』の主人公は不死という設定で、その力を活かし敵と戦っていきます。そのため原作はネオ時代劇と呼ばれており、もともと実写化不可能といわれていました。そこにあの木村さん主演という訳なのでネット住民からも不安な声も上がっています。

とはいえ、個人的には木村さんが過去に演じた時代劇は割と好きだったので、今回の作品も楽しみにしています。映画公開は4月29日です。
 

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP