コードが弾けなくても大丈夫、今日からはじめる「ロック・ギタリスト」入門

加藤広大 加藤広大


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

rockguitar_eye

唐突ですが、私が実施したアンケートによると、およそ8割の男性が「ロックギタリストになりたい」と感じたことがあるそうです。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/graf1.jpg

また、ギターを弾いてみたいと思い立つ動機は人それぞれですが、こちらも自分の周りでアンケートを取ってみたところ、以下の結果が出ました。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/graf2.jpg

なるほど。多くの方がロックギタリストになり、スタジアムライブで決め顔チョーキングをし、地鳴りのような声援をうけ、グルーピーにちやほやされたいと感じているようですね。

けれども、ギターを購入して即、ミック・ロンソンの如く弾けるかと言われれば、残念ながらそうではありません。多大なる修練の時間と情熱、そしてソウルや立ち居振る舞いが必要とされるのが、ロックギタリストなのです。

しかし、何もかもが高速で進む現代、そんな時間も情熱もない、ちょっとだけやってみたい。むしろ雰囲気が出せれば充分だと、そんな方もいるでしょう。

そんなわけで、今回はギターの購入から機材のチョイス、ギタリストとしての心構えなど、ギターが弾けなくてもハッタリ重視でベテランのような雰囲気を出す方法を妄想模索してみたいと思います。

ギターを買う前にエピソードを考える

ギタリストにとって、ギター選びは何よりも重要です。見た目、音、値段・・・基準はさまざま
ですが、やはりロックギターを弾くとなれば、そのギターを手に入れたエピソードを重視するべきでしょう。

ゴミ捨て場に捨ててあった、伝説のヘヴィメタルギタリストから受け継いだ、十字路で悪魔にもらった、ロッド・スチュワートの屋敷から盗んで来たなど、エピソードは別にでっち上げで構いませんので、ひとつ用意しておくと「どこで手に入れたの?」と聞かれたときに相手をビビらせることができます。

とは言っても、すぐに思いつかない方もいるかと思いますので、以下に使えそうなエピソードを羅列しておきます。

・ラスベガスの質屋で見つけた
・15人ほどの生き血を啜っている
・ネックが卒塔婆でできている
・入手経路がフランク・ザッパ→スティーブ・ヴァイ→自分
・所持したギタリストは死ぬらしい
・チェルシー・ホテルの廃材で作られている
・ロシアのスパイがfホールに細工をして機密文書を運ぶのに使っていた

 

ギター購入前の注意点

エピソードはこれくらいにして、実際にどんなギターを用意するかという問題に入りましょう。正直なことを言ってしまえば、「自分がロックだと思えば何でもいい」のですが、いくつかの注意点や、これを買うと勘違いされてしまうという一本もあります。

たとえば、FERNANDESから発売されているZO-3、通称ぞうさんギターですね。



出典:FERNANDES

文字通り象さんのような愛くるしいフォルムが特徴で、スピーカーも一体化しているので「お得かな」と思い、つい購入してしまいそうになりますが、ハイドパークやウェンブリーでZO-3をかき鳴らすわけにはいきません。やめておきましょう。いや、家で弾くぶんには結構いいんですけどね。

また、弦が7本以上のギターもやめておくのが無難です。「ジミー・ペイジだって12弦を弾いてたじゃないか!」と仰る方もいるかもしれませんが、素直に弦が6本ある個体を選びましょう。

他にも「ギターかな?」と思って購入したら、ギターではなかった、ギターだけれども何か違うなど、落とし穴もあるので注意してください。


出典:ガッキコム

たとえばこちらは6弦ですが、バンジョーです。



出典:Wikipedia

小さいギターに見えないこともありませんが、ブズーキです。



出典:ESP

一応ギターですが、高見沢モデルです。



出典:Wikipedia

こちらもギターに酷似していますが、チャップマンスティックです。トニー・レヴィンです。

どれもこれもいい楽器なのですが、初心者の場合は手を出さない方が無難でしょう。普通のレスポールやテレキャス、ストラトなどを購入するべきです。もちろん、新品ではなく、中古も視野にいれましょう。昔のグレコなんかもいいですね。

そして、音や外見の他に、見逃すことのできない重要なポイントがひとつあります。それが「殴打しやすいかどうか」です。

かなりの難問ですが、どのギターが人間を殴りやすいかについては、実はキース・リチャーズによって、ひとつの回答が出ています。

「相手の頭をブン殴るには、やっぱりギブソンよりフェンダーなんだよな。完璧だぜ、あれは。テレキャスのカーブほど首筋にピッタシはまるもんはないって」
キース・リチャーズ

アンプやシールド、エフェクターを購入する

ギターを購入したり、誰かに借りたり、ロッド・スチュワートの屋敷から盗んだりして無事に手に入れた場合、次に考えるべきは、アンプやエフェクターの選定です。

まずアンプですが、家で弾くくらいであれば、そこまでパワーは必要ありません。適当にマーシャルやジャズコーラスなどの有名どころを購入すれば間違いないでしょう。

個人的にはVOXが安くてデカく、デザインも良いのでおすすめです。もちろん、資金がある場合は、ウッドストックのようなスピーカの前に立ったら人が死ぬほどのサウンドシステムを構築するのもよいでしょう。壁の厚さや予算と相談してください。


出典:VOX

適当なアンプを調達できた場合、「これって、どうやってつなぐんだろう」と、あなたはひとつの疑問を抱くはずです。そこで必要なのがシールドケーブルです。価格は二束三文の品からウン万円までピンキリですが、迷ってしまった場合はVOXのカールコードタイプを購入すれば間違いありません。

ちなみに、なぜカールコードなのか? と聞かれた場合には、「アベフトシが使ってた」でもいいですが、できれば「ウィルコ・ジョンソンが好きで」と答えてください。

ギターとアンプを揃えたら、せっかくなのでエフェクターも欲しいところです。音を歪ませたり、ディレイをかけたり、粒を揃えたりと、さまざまな種類が販売されています。

「どれがいいかな」と迷ってしまった場合は、何はともあれビッグ・マフあたりのファズを購入してみてください。壁みたいな音が出ます。


出典:Electro-Harmonix

エフェクターを購入するのが面倒くさかったり、資金が乏しかったりする方は、ジャックにシールドをぶっ刺して、ギターウルフよろしくそのままアンプのツマミをフルテンにして掻き鳴らせば、まったく問題ありません。

ストラップもぬかりなく

ギター関連の道具を揃えるうえで、つい見逃しがちなのがストラップです。例外もありますが、ギタリストはテクニックが上達するにつれて、どんどんストラップがダサくなっていくものなので注意が必要です。ロックギタリストを目指すのであれば、小物にも気をつけましょう。

既製品でも良いのですが、DIYという手もあります。たとえば、ドクターマーチンの靴紐で作成すれば、紐が肩に食い込んで激痛が走るものの、「コイツ・・・できる!」と思われるほどにはロッカー感を醸し出すことが可能です。

また、上級者向けにはなりますが、自転車の荷台で荷物を縛る用のゴムも、ストラップに転用できます。本当はマンドリンやバンジョーなどの軽めの楽器で使用するものですが、硬めのゴムであればギターにも流用可能でしょう。

なにせゴムですので、チョーキングをした際にギターを下に引っ張ることにより、非常に大げさなモーションをカマすことができるのが何よりの魅力です。もちろんやや上を向いて目をつぶりながら、唇を噛み締めるチョーキング顔芸も合わせるとモアベターです。

ギターケースも忘れずに

ストラップと同様に、小物で相手と差をつけたい、ハッタリをカマしたい場合は、ギターケースにこだわるのがお勧めです。

通販で買った19,800円(10点セット)のレスポールをグレッチのハードケースに入れるだけで、メーカー不明のテレキャスをフェンダーのハードケース入れるだけで、電車や街中で、ソフトケースを背負った他のバンドマンを見かけたときに「勝ったな」と無駄に自尊心が満たされます。


出典:SOUNDHOUSE

ですので、ロックギタリストが持つべきギターケースは、ハードケース一択です。さらに、バスや電車を待つ時は、ハードケースに座りながら待つことも可能です。これが非常にかっこいい。ブランキー・ジェット・シティも『15才』のなかでこう歌っています。「ギターケースに座り、クリーム色のバスを待ってたとき」と。

あなたが顔に憂鬱を漂わせ、イカしたギターケースに座ったならば、そこは音楽映画の一場面。ソフトケースを背負った高校生バンドマンは恐れおののき、近くに居た女子は黄色い声をあげながらバッタバッタと倒れていくはずです。もし、ケースをバイクや車に積んで出発したならば、ビートルズの来日よろしく、轍にキスをするグルーピーまで出現するやもしれません。

目指すプレイスタイルを考える〜世界三大ギタリスト〜

ロックギターを弾く場合、機材の他にも、「誰を目指したいか」という目標が必要です。ジミヘンのようなプレイをしたい、ピート・タウンゼントのように腕をぶん回したいなど、真似してみたいスタイルがあれば上達はより一層速くなりますし、「ギタリスト誰が好き?」という面倒くさい質問にも適当に答えられます。

しかし、ロックギタリストとひとくちに言っても、それこそ星の数ほど存在します。誰を手本にしていいかわからない場合は、ベタに三大ギタリストから見繕ってみてはいかがでしょうか。

三大ギタリストとは、元ヤードバーズのエリック・クラプトン、元ヤードバーズのジェフ・ベック、そして元ヤードバーズのジミー・ペイジのお三方のことで、最近では現代の三大ギタリストとして、 ジョン・フルシアンテ、ジョン・メイヤー、デレク・トラックスが挙げられます。

参考までにいくつか映像を観て、その凄さやプレイスタイルを確認してみましょう。

Reference:YouTube

まずはエリック・クラプトンのプレイです。プレイなんですが、まったくエリック・クラプトンに目がいかない映像をチョイスしてしまいました。

ジョン・レノン、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、ミッチ・ミッチェルからなる文字通りのスーパー企画バンド、ザ・ダーティーマックの『Yer Blues』です。クラプトンのみならず、ジョンのギターもいい味出してます。

お次はジミー・ペイジ。レッド・ツェッペリンの『No Quarter』です。

Reference:YouTube

これまた、どちらかと言えば参考にならない映像をチョイスしてしまいましたが、ツェッペリンのすべてが入っていると言っても言い過ぎではない、名曲中の名曲です。深く深く沈み込みそうな静かな音楽のなかで、どれだけ激しいフレーズを奏でられるかも、ロックギタリストとして必要な資質のひとつでしょう。

さて、現代の三大ギタリストからは、デレク・トラックスの奥さんであるスーザン・テデスキと一緒に演っているバンド、テデスキ・トラックス・バンドより『Midnight In Harlem』をどうぞ。

Reference:YouTube

奥さんの横でピッチが合いすぎて逆に気持ち悪いほど最高なスライド・ギターをぶちかましてくれるデレク・トラックスが印象的です。上手すぎてまったく参考になりません。

私、数年前に一度観ているのですが、目の前でギターを弾いてるのに「どっからその音出てんのよ」と、わけがわからなくなり、気付けばあまりの気持ちよさにCCレモンホールで爆睡してしまいました。

先人たちのステージングを参考にする

三大ギタリストの他にも、数多くの素晴らしいロック・ギタリストは存在します。なかでもステージングが参考になりそうなプレイヤーを、何人か見繕ってみました。

まずはザ・フーのピート・タウンゼント。右腕を大きく回転させながら弾くウィンドミル奏法を編み出しました。とにかくギターを破壊することでも有名です。

Reference:YouTube

後半になればなるほどテンションがあがり、ギターに膝蹴を繰り返し、かきむしるような仕草をするなど、ギターが弾けなくても真似できそうなステージングは、非常に参考になります。グッとツマミを回して、ハウリングを誘発させるのもポイントが高いですね。

他の映像も見てみましょう。マーティン・スコセッシが監督したローリング・ストーンズのドキュメンタリー『Shine a Light』のなかの1曲、『Champagne & Reefer』です。

Reference:YouTube

いぶし銀のキース・リチャーズが写ったと思いきや、さらにいぶし銀のゲストギタリスト、バディ・ガイが登場し、まるでカンフー映画に出てくる師匠のように圧倒的なギターと歌を見せつけるという、一粒で二度美味しい映像となっております。ロックギターは激しい動きだけにあらず、静と動、2つの側面を持っていると思わせてくれる名演奏です。

静と動の「動」といえば、こちらを外すわけにはいきません。AC/DCの『Thunderstruck』です。

Reference:YouTube

この映像を観たあなたは思わず「サンダー!」と叫び、グーグルで「ギブソン SG」と検索してしまっているはずです。説明するのも野暮というものでしょう。この聴いた時に湧き上がる拳を突き上げたくなるような感情、それこそがロックです。しかし、この短パンが似合うのは世の中でアンガス・ヤングとジャック・ブラックだけであるということはお忘れなきように。

覚えておきたいギタリストの名言

ときに、ロックギタリストたるもの、名言のひとつも吐けなければいけません。できればオリジナルの名言を作成してみたいところですが、悲しいかな、世の中は「何を言ってるか」より「誰が言ってるか」のほうが大事なのです。

ここはひとつ先人に学び、「ってカート・コバーンも言ってるけどね」などと付け加えて、他人の褌で相撲をとることにより、説得力を増すことにしましょう。

麻薬所持の際の裁判で
裁判官「あなたの職業はなんですか?」
キース「リードギタリストです」
裁判官「それはどんな内容の仕事ですか?」
キース「いちばんデカイ音を出す仕事です」
キース・リチャーズ

職務質問をされた際にぜひ使ってみてください。
 

「俺は貴族なんだ。正確には伯爵だ」
イングウェイ・マルムスティーン

「バンドマンです」と合コンで元気よく自己紹介すると、だいたい白い目で見られますので、家柄の良さをアピールする際にぜひつかってみてください。
 

音楽理論はよくわからない
スティーヴィー・レイ・ボーン

これは上手いから許される発言なのですが、使い所を間違えなければ「上手そう」と思わせることができるやもしれませんね。
 

大体、世の中“ジェット”をつければ上手くいくんだよね
ギターウルフ セイジ

名言のなかでも特に好きなジェットフレーズです
 

学校よりも、3分間のレコードから多くのことを学んだ
ブルース・スプリングスティーン

なるべく遠くを見ながら言いましょう。
 

僕だって毎日練習を欠かさない。時にはそれが5分以上に及ぶこともあるんだ
ジェフ・ベック

練習時間の自慢をする輩には、この名言をぶつけてやってください。
 

バンドを組みたくなったらメンバー募集を

ここまで、機材を購入し、目指すギタリストも見つけ、バス停でハードケースに座りながら名言も呟けるようになりました。ここまでくると、バンドを組んでみたくなるのが人間の性というもの。祭りも準備が楽しいように、バンドのメンバーの探しは、楽しい一大イベントです。

ですが、買ったばかりのギターでコード弾きもままならない状況では、二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるでしょう。安心してください、ギターが弾けなくてもバンドは組めます。自分の他に上手いリードギターを入れたり、私たちは大人ですから、金を払って上手い奴に袖で弾いたりしてもらえばいいのです。

メンバー募集の方法はいろいろありますが、今も昔も変わらないのは、練習スタジオやライブハウスにある掲示板に、メンバー募集の紙を貼り付けるやり方でしょう。

自分が目指したい音楽の方向性や、「当方完全プロ志向!」「デモ音源あります」などの決まり文句を並べた「メン募」用紙は、ひとつのアートだと言っても言い過ぎではありません。個人練習ついでにスタジオに貼りに行きましょう。

募集したことがない方のために、参考までにロック・バンドを組みたいときに使えるメンバー募集用紙のフォーマットを作成してみました。だいたい下記画像のようにレイアウトをしていただければ問題ないでしょう。自作のイラストや、気合の入った血判などを添えることにより、インパクトを出していきましょう。ただし、連絡先だけは忘れずに。

http://www.machikado-creative.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/02/bandman01.jpg

これはちょっとした小技ですが、連絡先を書く箇所は2つほど前もって千切っておきましょう。そうすることで「もう2人もこのバンドに興味がある奴がいる」と、募集意欲を駆り立てることができます。

楽しいロックギタリストライフをお送りください

さてさて、機材を購入し、目指すギタリストも見つけ、バス停でハードケースに座りながら名言を呟き、メンバー募集の貼り紙をすることもできました。

あなたはここまで一度も演奏の練習をしていませんが、かなりロックギタリストに近づいて来たのではないでしょうか。

あとは練習をして本物のロックギタリストを目指すなり、他ジャンルに転向するなり、「昔はギターやってたんだよね」と、架空の自分史を作るなり、楽しいロックギタリストライフをお送りください。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP