221時間以上「Hulu」を視聴した私が薦める海外ドラマ5選

加藤広大 加藤広大


LoadingMY CLIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

hulu_eye

出典:The Walking Dead – Season 6 trailer

ここ数年で、さまざまな動画配信サービスが登場し、家に居ながらにして気軽に映画・ドラマを視聴できるようになりました。一度サイトにアクセスすれば鬼のように出てくる動画に、どれを観ようか迷ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、仕事もしないで海外ドラマを見続け、多大なる時間を鼻くそほじりながら消化した私が、動画配信サービス『Hulu』にて配信されている海外ドラマより、お勧めのブツを数本ご紹介します。

なお、個人的な趣味により、完全にホラー、頭脳戦、超常現象などに特化したセレクトになっておりますが、その点はご容赦くださいませ。

海外ドラマの特徴

と、その前に、少々海外ドラマの特徴を個人的な主観ですがご紹介したいと思います。海外ドラマに見られる大きな特徴(というか、あるある的なもの)を簡単に列挙してみると以下のようになります。

1. 風呂敷を広げすぎて畳まない

海外ドラマで驚くべきなのは、まず広げる風呂敷の面積がとんでもなく広いことです。そして、最終的に畳まず、包まず、風呂敷の存在すら完全に忘れ「おれたちの戦いはこれからだーー◯◯先生の次回作にご期待ください」的な、まるで打ち切られた漫画のようなフィニッシュをカマして来る作品が多く存在します。

2. 主要人物が大人の事情で退場する

主要人物のギャラが上がった、スケジュールが空いていない、監督とソリが合わないなどの、割と大人の事情で主要人物がバッタバッタと退場、もしくは不自然な死を遂げるのもよくある話です。

3. シーズン2中後半あたりからいきなり劇中で音楽が流れる

なぜかいきなりシーズン2の中後半あたりから、これまで一切流れていなかった音楽(歌モノ)が劇中で流れはじめるのも聞き逃せません。いや、意外と音楽のセレクトが素敵な場合が多いのでいいんですが気になって仕方がありません。

4. レギュラーで悪そうな奴はだいたいナイスガイ

これは日本のドラマや映画でもあるあるですが、物語の当初から嫌な感じの奴はだいたいナイスガイだったことが後に判明します。例外として、非常に嫌な感じのまま最終回を迎え「あいつ、本当に嫌なやつだったな……」と微妙な後味を残す場合もありますが、だいたい悪そうな奴はその後ナイスガイになる傾向です。

5. そして予想通り仲間が裏切る

仲間の裏切りはドラマの醍醐味とも言えるでしょう。「やったー! やっぱり裏切ったー!」という期待を裏切らない裏切りは、もはや常套手段です。良いやつそうな奴が実は悪人だったり、突如寝返ったり、またはなりすましの被害にあったりするなどは日常茶飯事です。また、寝返る場合は「家族を人質に取られた」などのやむを得ない場合がほとんどです。

6. というか登場人物がほとんど嫌なやつ

海外ドラマに登場する人物は、パワハラしてくる上司、自分勝手に動きまわって皆を危険にさらす馬鹿、超有能で顔面偏差値も異常に高いビジネスマン、寒いジョークばっかり言ってる同僚、暗い過去を背負ったメンヘラ女、男勝りでなぜかシャツのボタンを異常に開けているキャリアウーマン、アホな兄貴、出来の悪い弟など、現実世界に存在していた場合なるべく近寄りたくない人間の宝庫です。次々に登場するステレオタイプなキャラクターたちは、コンメディア・デッラルテと言えばそうなのですが、観てるとだんだん「こいつ……アホだろうさすがに……」と突っ込みも多くなります。言いかえれば、製作者の術中に見事にハマってしまっているということなのかもしれませんが。

7. 脅威より人間のほうが怖い

海外ドラマでは、ゾンビや超常現象、殺人ウィルスや殺戮兵器もたくさん登場しますが、それよりも往々にして「やっぱ人間のほうが怖いよね」という描かれ方をします。ゾンビや荒廃した世界を描いている作品ならば、おそろしくヒャッハーな人たちも多目に登場するのですが、それをバッタバッタとぶっ殺していく主人公チームが実は一番怖いのでは、という感想を常々抱いております。

まだまだ他にもたくさんあるのですが、前置きが長くなってしまいましたので本題に入ります。

街角のクリエイティブ ロゴ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP